« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年2月25日 (月曜日)

エフノク

2

春港旅立つ船の汽笛聞く

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

これはまたいいお句ですねぇ!!

写真と一緒に拝見するので特にそう思うのかもしれませんが
「春港」が効いています

このように離れていてしかも「春」じゃないといけない
ほかの季ではおさまらない

これがつくづく傑作の条件ですね


☆hawkさん
こんばんは
ここは長崎港のフェリー乗り場
長崎港からは遊覧船や島へ行く船が
出航していきます
まだここから船に乗ったことがないので
いつか乗ってみたいと思ってます
ここは2階なので眺めが良かったです
鎖国時代の長崎港はどんな感じだったのか
ちょっと想像してみました
今より海が広くて家が少なくてオランダ船が
停泊してたのかな~
のどかだったでしょうね
フェリー乗り場は海だったと思います
春港・・・・季語って綺麗で厄介です
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年2月26日 (火曜日) 05時09分

写真も句も、とってもステキですshine

私もこんな所で、海を見ていたいですね。

思いはめぐり、時間はゆっくりと~

汽笛の響きに、、旅に出たような気持ちになりそう(^^


☆舞子さん
こんばんは
ゆったりと海を見ているおじさんはフェリーを
待っているのかフェリーに乗ってくる人を
待っているのか・・・・
私もフェリーに乗って島へ行きたい!
とソワソワしてしまいました
コメントありがとうございます

投稿: 舞子 | 2013年2月26日 (火曜日) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/49656608

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »