« セイヨウミツバチ | トップページ | ヒメキンセンカ »

2013年3月12日 (火曜日)

エフノク

2

洋館の窓からあふれ春の記憶

|

« セイヨウミツバチ | トップページ | ヒメキンセンカ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

おーー 洋館です 洋館です

ぼくは移民県として有名な和歌山のそれも移民が多い町で育ちました
周囲にアメリカ帰りがいっぱいいました
ぼくの祖母の兄は江戸時代の生まれでしたが
やはりアメリカ帰りでした

アメリカ帰りの人が家を建てると板壁が横張りなんです

一方日本建築は壁が縦張りです

ですから洋館は一目でわかります


☆hawkさん
こんばんは
へぇー和歌山県は移民が盛んだったのですか
江戸時代生まれの大伯父さんってことは
明治時代か大正時代に海を渡ってことでしょうか
和歌山県人はチャレンジャーですね
長崎の洋館は洋館なのですが屋根には日本の
瓦を使ってあるみたいです
どこかちぐはぐしてますがそこもいい雰囲気です
開けた窓を留める金具が可愛いので写真を
撮ってみました
何のためにあるのか謎でしたがようやくわかりました
コメントありがとうございます


投稿: hawk | 2013年3月13日 (水曜日) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/50734478

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« セイヨウミツバチ | トップページ | ヒメキンセンカ »