« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年4月16日 (火曜日)

エフノク

2_2

牡丹花深き眠りへ導いて

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

ほんと牡丹の花は見ていると引き込まれます

猫じゃなくても寝てしまいそうです

☆hawkさん
牡丹の花は豪華で大きくて光沢があって
つやつやしてます
我が家の牡丹は一株に14個も花が咲きました
新記録です
のどかな春は眠っても眠ってもねむいですね
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年4月17日 (水曜日) 05時34分

なんという大胆なトリミング。
牡丹の花をおしげもなく、半分カット、さらに上下の花びらもカット。だからこそアップになった一部分から、花の全体を想像しますね。

こんなトリミング、わたしにはとうていできないですね。
男より女の方が思いきりがいいのかな、などと、前から思っていたこと再確認します。(!?)

「書いてない部分(見えない部分)を、読者は想像で埋めようとする。だから、できるだけ、表現は簡素に」と谷崎潤一郎が『文章読本』で言っていました。彼の理論の正しさがまた証明されました。

☆屋形船さん
こんばんは
牡丹の花は大きくてゴージャス過ぎるので
すべてを写真に収めることができませんでした
花が大きすぎて安定が悪いのかゆらゆらゆら
花が揺れるし花びらが光って白っぽくなるし
うまく撮れませんでした
花の女王様は一筋縄ではいきませんね
男性より女性が思い切りがいい?
さてどうなんでしょうか
男性の方が決断力はあるみたいですが
思い切りはよくないんでしょうか
書いてない部分を想像で埋める・・・・なるほど
書く方側から小説を読んでみるのも面白そうですね
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年4月17日 (水曜日) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/51261633

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »