« ノミノツヅリ | トップページ | エフノク »

2013年4月 6日 (土曜日)

エフノク

2

しろい花きいろい花咲く天主堂

|

« ノミノツヅリ | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

典型的な洋風建築横張の板壁です
端正なきれいな建物ですね

手作りのステンドグラスも拝見したいところですが・・・

お句には天主堂とありましたので
天主堂と教会の違いをネットで調べました・・・

このごろではカソリックでも天主堂/教会どちらも使うそうですね

☆hawkさん
こんばんは
どっちも一緒だと思ってました
これまで行った教会の建物に天主堂と記されて
あるところが何箇所かありました
ここの江上教会もそうですね
しかし調べてみると面白い
現在長崎教区では長崎市の大浦天主堂と
五島市の堂崎天主堂を天主堂と呼ぶそうです
キリスト教の神のことを天主と呼んでいたので
そこから天主堂となったようです
古い呼び方なんですね
ご指摘ありがとうございます
手描きのステンドグラスはインターネットでは
公開することができません
ごめんなさい
コメントもありがとうございます


投稿: hawk | 2013年4月 7日 (日曜日) 04時04分

 ひとつ前の写真と同じ教会ですね。土地の人に愛されているという感じの教会です。樹木の多い、山深い所にあるんですね。
前の写真を見て、潮風島ってどこかいな?と検索したら「ウルトラマン80に登場する怪獣ラブラスの誕生した島」、なんじゃそれは!でした。
コメントの返事でわかりましたが、五島列島のひとつ、奈留島だったのですね。行ってみたいですね。

昔、隠れキリシタンの本を読んだ時、隠れキリシタンの教義が本来のキリスト教と全く違うものに変質していることを知って、弾圧のむごさをかみしめる思いをしました。
もうひとつ、中学の時の数学の先生が五島の出身で青方先生(五島は青方の姓が多い)といいました。長崎弁のぬけない先生でしたが、教え方がうまく、生徒を深く愛していました。恩師とよべる先生でした。

☆屋形船さん
こんばんは
うっそうとした深い森の中の教会に見えますが
なんと海のすぐ側でした
海からの風が強く寒かった
廃校になった小学校の隣にあります
五島列島には教会がたくさんあってどうにかして
古い教会だけでも巡りたいと思っています
潮騒島ですか
素敵な名前の島ですね
奈留島はユーミンの瞳を閉じてという歌の
島でもあります
♪遠いところへ行った友達に
 潮騒の音がもう一度届くように♪
ユーミンはこの島に行ったことはなかったそうですが
歌そのままの素敵な島なのです
青方先生は中通島(上五島)の方だったのでしょうか
中通島には青方という地名があります
教会は美しいけど悲しい歴史もあり信仰の強さや
人間の罪深さも感じてしまいます
信仰の深さに慄いてもしまいます
もう少し島の旅につきあってくださいネ
コメントありがとうございます


投稿: 屋形船 | 2013年4月 7日 (日曜日) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/51123335

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ノミノツヅリ | トップページ | エフノク »