« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年4月22日 (月曜日)

トラフトンボ

Photo

海の近くの田んぼに囲まれたため池で見つけたトンボ

<虎斑蜻蛉>   エゾトンボ科

全長47~55mm

池をグルグル回ってパトロールしてました

時々ホバリングして警戒している様子

池に浮いている葉はヒシと思われます

池はいきなり深そうで近づけませんでした


Photo_2

腹部の黒色と黄色の虎模様と目玉の青色でなんとか

トラフトンボと識別できました

このトンボのメスは腹部の先端に卵塊をつくり水面に

打ちつけて水中に放出します

卵塊は細長いヒモになって植物などに絡みつくそうです

出現期間は4~5月

本州、四国、九州に生息します

エゾトンボ科のトンボはエメラルドグリーンの目玉の

コヤマトンボを紹介してます

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

最近、良く聞くワードですね。トラフ。
南海トラフとか(笑)。
あっ、こちらは虎斑でした!
カラーリングが抜群ですね。
…強そうなトンボ、大好きです!!…。

☆TOOLKITさん
こんばんは
南海トラフ・・・地震も多発してるし茶畑は
崩れるし気になりますね
どうなっているんでしょうか・・・
トラフトンボはメスの産卵を見てみたいです
田んぼより低くすぐに深い池なので難しい
しかも家から遠い。。
コメントありがとうございます


投稿: TOOLKIT | 2013年4月23日 (火曜日) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラフトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »