« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金曜日)

大分県の昆虫

Photo

緑豊かな大分県に心奪われたまま写真の整理をしてます

駆け足の訪問だったので慌ただしかったのですが

昆虫も数種類ですが観察することができました

竹藪を飛び回る赤い虫

<紅天牛虫>  カミキリムシ科

体長13~17mm

ベニカミキリの成虫はいろいろな花の蜜を食べますが

幼虫は竹を食べます

産卵に集まったのか数匹飛んでました


Photo_6

この小さなチョウも竹藪の側にいました

ミネラル補給をしてるのか水分補給をしているのか

たくさんのコチャバネセセリがいました

<小茶翅蝶>  セセリチョウ科

翅の開張30~35mm

幼虫の食草はタケ、ササ類

このチョウは茶色くて小さいので蝶々には見えなくて

蛾に間違われることが多いようです


Photo_2

池にいた青いトンボ

<細身越年蜻蛉>  アオイトトンボ科

体長35~42mm

ホソミオツネントンボは成虫のまま冬を越す越冬トンボです

冬の間は枯木色で春になるとキレイな青色に変身します

丸い目玉も青、青いお空を飛んだからかな?

Photo_3

山の岩場にいたバッタ

ショウリョウバッタモドキかなと思いましたが違うかも

よく見ると翅が短いので成虫ではない?

ショウリョウバッタモドキの食草はイネ科植物で草原に

棲むのでなんか違う気がしてきました

さて、なんでしょうね

Photo_5

山の上の石の上にいた甲虫

これはテントウムシ?ハムシ?それとも何?

2~3mmくらいの小ささでした

これも名前がわからない・・・

*名前がわかりました*

<黒星天道塵虫擬>  ゴミムシダマシ科

クロホシテントウゴミムシダマシという地衣類や苔を食べる

ゴミムシダマシでした

テントウムシでもハムシでもゴミムシでもないややこしさ

本州、四国、九州に生息します

大分県はチョウもトンボもまだ見たことのない種類が

どうやらたくさんいるようです

大分県の奥深さに心が騒ぎます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木曜日)

エフノク

2

動きない朝のしずけさ麦秋

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大分県の花々ーその1ー

Photo

梅雨入りして梅雨らしく雨がたくさん降った翌日、

大分県へ出かけました

何回か行ったことはあるのですが良く知りませんでした

大分県は温泉と草原と山

雨の後の草原は緑が鮮やかでなだらかな山の上まで

草原なのです

草むらに寝そべって一日中雲を眺めていたい

車を停めて風景の写真を撮る時間がなかったのが残念。。。

のどかで懐かしい街並みと懐の深い山々の風景に

魅了されてしまいました

そして長崎では見ることのできない植物にも出会うことができました

上の写真はイナモリソウ

<稲盛草> アカネ科

草丈10cmほど

昨日の雨風にも負けずにピンクの可愛い花を

湿り気のある斜面で咲かせていました

本州、四国、九州に自生します

Photo_5

草原で咲いていた淡いピンクの花

<鹿子草> オミナエシ科

草丈30~80cm

花は小花の集まり

風が強くて始終ユラユラと落ちつかない様子でした

北海道、本州、四国、九州に自生します


Photo_2

小さくて白い妖精のようなシライトソウ

<白糸草> ユリ科

草丈15~50cmとありますがここにあったのは

すべて小ぶりでした

コップを洗うブラシのような白い花の穂

東北地方以西の本州、四国、九州に自生します


Photo_3

小さくて目立たないオオヤマノフスマ

<大山衾> ナデシコ科

草丈10~20cm

衾(ふすま)って聞きなれない言葉ですが夜具のこととか

ノミノフスマより花や草丈が大きいのかと思いましたが

それほどでもない?!

花は7mmほど

北海道、本州、四国、九州に自生します

Photo_4

沢ではなく草原でしたがサワオグルマ

<沢小車>  キク科

草丈50~80cm

茎の先端に黄色い頭花

湿り気のある高原や休耕田や湿地に生え

本州、四国、九州に自生します

その2へ続きます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水曜日)

エフノク



2_2

湿り気へ向かうトラック梅雨に入る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月曜日)

エフノク

2

かたちない風を見ている麦の秋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミヤマニガイチゴ

Photo

山の登山道に咲いていた白い花

ミヤマニガイチゴでした

<深山苦苺>  バラ科

木の高さ1mほど

1000m以上の高地に生育するそうです

花は白色で直径2~2、5cm

花期は5~6月


Photo_2

葉は長さ5~8cmの卵形で3深裂し先端は尖り

刺は小さくてまばら

苦苺ですが果実は甘くなるそうです

苦いのは小枝とのこと

果実は1~1、5cmの球形で赤く熟します

分布は本州になってますが雲仙でも確認されています

キイチゴの果実はナガバモミジイチゴビロードイチゴ

ナワシロイチゴクサイチゴを紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日曜日)

エフノク

2

金色のうねりゆるやか麦秋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ツマグロハナカミキリ

Photo

カミキリムシを見つけると夏到来を感じます

黒花天牛虫>  カミキリムシ科

体長12~18mm

大きさと色からジョウカイボンにも見えましたが

ハナカミキリでした


Photo_2

身軽ですぐに飛んでしまったのですが

特徴だけはわかります

頭部と胸部は黒色、上翅は茶褐色

上翅の上と下に黄褐色の模様がありますが

これはあったりなかったりのようです

触角も黄褐色脚先も黄褐色、脚の付け根は黒色

幼虫の食樹は各種針葉樹や広葉樹

成虫は各種の花

出現期間は5~8月

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土曜日)

エフノク

2

秘密の小箱ひらかれる聖五月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマキリシマ

Photo

お山雲仙はミヤマキリシマの花が満開

<深山霧島>  ツツジ科

木の高さ0、3~1m

花の色が紫桃色から桃色、朱桃色、橙桃色とさまざまなピンク

小ぶりの花が可愛らしい

花の大きさは2~2、5cm

漏斗状で5裂し枝先に2~6個咲かせます

花期は5~6月


Photo_2

見えている山は国見岳1347m

点々とミヤマキリシマのピンクの花が見えました

妙見岳1333mの山肌にも咲いていました

ミヤマキリシマの葉は革質で長さ1~1、5cmの楕円形で

茶色の毛が生えています


Photo_3

雲仙の仁田峠の色とりどりのミヤマキリシマ

どれもピンクだけど少しずつ違ってるのが楽しい

気持ちのいい季節なのでお山雲仙は観光客や登山客で

とっても賑やかでした

九州の1000m以上の高山に自生します





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金曜日)

エフノク

2

獣らの遠吼え真似る青い夜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キバネマルノミハムシ

Photo

小さな黄色いハムシ

<黄翅丸蚤葉虫>  ハムシ科

体長3、5~5mm

この葉はフユイチゴの葉だと思いますが

食草はイボタノキ、ネズミモチなど

Photo_2

ノミハムシはノミのようにピンと飛び跳ねて逃げます

だから後脚が発達して太いのですがわかりにくいですね

頭部と胸部は黒色で上翅はツヤのある黄色

脚は黒色

黄色い翅が光ってキレイでした

出現期間は5~8月

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

2

どこまでも坂道つつく初夏の街

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木曜日)

マイヅルソウ

Photo

マイヅルソウの花が咲いていました

<舞鶴草>  ユリ科

草丈5~25cm

葉は確認していたのですがいつも葉だけ・・・

花が咲いていたので大感激です

他の県では大群落が見られると思いますが

長崎ではここだけ?かも

白色の花の小さいこと!

茎の先端に総状花序をつくり20個ほどの花をつけます

栄養状態が悪いのか6個しか花芽がついてませんが

それでもカワイイですね

花弁は4個で反り返ります

花期は5~6月

Photo_2

葉だけが密集しているのでよくわかりませんでしたが

葉は互生し2~3枚でハート形

柄があり長さ3~10cm

この葉を鶴の舞う姿に喩えました

果実は5~9mmの球形で赤く熟します

山地に生え

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水曜日)

エフノク

2

昨日より今日より明日雨蛙

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トビイロツノゼミ

Photo_3

枝にへばりついていたので指でつまんで手に乗せてみました

これはツノゼミ?

<鳶色角蝉>   ツノゼミ科

翅端まで体長5~6mm

ツノゼミは小さなセミの仲間で角があります

トビイロツノゼミにも小さな角がふたつ

耳みたいなのが角です

正確には胸部の背面に一対の突起

その後にも突起がありますね

これも角?

Photo_4


正面から見てみるとおかしな顔・・・

暗茶褐色で短い毛が生えているようです

食草はマメ科植物など

出現期間は4~11月

成虫で越冬

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火曜日)

エフノク

2


風薫り花の記憶を遡る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハナウド

Photo

川沿いの木陰に大きな白い花が咲いていました

<花独活>  セリ科

草丈70~150cm

並ぶと私と同じくらいの背丈でした

大きな白い花に見えたのは小さな花の集まりで

上の写真はほんのひとかたまり

20cmほどの複数型花序を茎の上部につけます

花は内側は小さく外側は大きくなり花弁が2裂します

花期は5~6月


Photo_4

ハナウドのウドはウドの大木のウドとはちょっと違い

ウドはウコギ科ハナウドはセリ科

シシウドハマウドに近いです

Photo_6


葉は互生し3出羽状複葉でとっても大きい

小葉は3~5裂

葉柄の付け根は鞘状に膨らみます

関東以西の本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月曜日)

エフノク

2

何杯も水を飲む喉初夏の雨

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キクビアオハムシ

Photo_4

虫喰いの穴だらけの葉にいたハムシ

<黄首青葉虫>   ハムシ科

体長5、5~6、5mm

この葉を食べていたのでしょうか

食草はサルナシノリウツギやブナなど

Photo_2

茶色く見えていましたが接近してみると金色

金ぴかのハムシです

腹部と頭部は金色~金緑色

胸部と脚はは濃い黄色


Photo_3

出現期間は5~9月頃

山地に棲み

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

2_3

鮮やかな旋律ながれ夏の

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日曜日)

ハクチョウゲ

Photo_4

我が家の庭にあるハクチョウゲと一緒ですが

山の岩場に生えていました

<白丁花>  アカネ科

木の高さ60~100cm

花は白色で星形で1cmほど

淡い紫のスジがありました

花期は5~6月

丁子に似た白い花なので白丁花です

Photo_5

細かな枝が枝分かれし小さな葉をたくさんつけます

葉は対生し卵形で厚みがあります

長さ1~3cm

江戸時代から園芸用に庭園や生垣などに植えられるそうです

生育が早く刈り込みに強く葉や花を密につけます

山の上のハクチョウゲは花はまばらでした

今から咲くのかな~

平戸島、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土曜日)

エフノク

2

緑の音符連打する夏の谺

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヨツモンクロツツハムシ

Photo

新緑鮮やかな葉の上にいたハムシ

<四紋黒筒葉虫>  ハムシ科

体長5~6mm

なんとなく名前が想像つきました

5月の光のせいか黒色が紫っぽく見えましたが

光沢のある上翅は黒色で黄色い四つの紋

Photo_4

顔を拡大してみると口元には短い触角のようなものが

わさわさしてます

これで食べ物を識別しているのでしょうか

食草はコナラ、カシワ、ウワミズザクラなど


Photo_3


上翅を開いて飛び立つ気配

硬い上翅の下に飛ぶための翅を持っています

飛ばない時は綺麗に折りたたんで?収納しているのがスゴイ!

出現期間は4月頃から

冬は成虫で越冬します

本州、四国、九州に生息してます

ツツハムシの仲間はキアシルリツツハムシバラルリツツハムシ

クロオビツツハムシキボシツツハムシカシワツツハムシ

紹介してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金曜日)

エフノク

2

手を振ると手を振る人のいる皐月

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オオニワゼキショウ

Photo

庭や公園でよく見かけるニワゼキショウによく似てますが

少し背が高いオオニワゼキショウ

<大庭石菖>   アヤメ科

草丈20~30cm

北アメリカ原産の外来植物です

背は高いけど花は小さいみたいで直径1cm

淡紫色で内側の3枚の花弁と外側の3枚の花弁の

大きさが微妙に違います

内側が少し小さめ

果実は球形でニワゼキショウより大きく5mmほど

花期は4~5月

Photo_2

背が伸びたらアヤメの仲間に見えるから不思議

茎は根元で枝分かれし直立

葉は剣状葉、幅4~8mmで二つ折り状態

芝生や道端や海岸で見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水曜日)

エフノク

Nakamachi2

空にある力を集め夏のてのひら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火曜日)

エフノク

2

昨日より濃く吹く風や風香る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オオバライチゴ

Photo

林の中で見つけたオオバライチゴ

<大薔薇苺>  バラ科

木の高さ1~1、5m

花はクサイチゴによく似てました

枝先に2、5~4cmほどの白い花をつけます

花期は4~5月

別名はリュウキュウバライチゴ

沖縄では普通にみられる木苺のようです


Photo_2

クサイチゴとは質感が違っていた葉

葉は互生し奇数羽状複葉

小葉は広被針形で1~3対あり長さ2~3cm

茎には腺毛が密生し刺が生えています

果実は球形で1cmほど、赤く熟します

沿海の山地に生え

房総半島以西の本州、四国、九州、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月曜日)

エフノク

2

きらめきて五月の音を奏でたる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イブキシモツケ

Photo

岩場に咲いていたイブキシモツケ

<伊吹下野>  バラ科

木の高さ1~1、5m

これは我が家の庭にもあるコデマリではないか?

しかし葉がどこか違うような・・・

コデマリは中国原産の園芸植物です

近くで見るとやはり葉の形が違いました

葉は互生し卵形で長さ4cm、幅2~3cm

縁は浅く3裂しごわごわしています

花は白色で直径7mm

枝先にかたまって花をつけます

花期は4~5月


Photo_2

名前の由来は滋賀県の伊吹山で最初に発見されたから

石灰岩の崖などに生え

近畿地方以西の本州、四国、九州に自生します

伊吹山繋がりでイブキジャコウソウも紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日曜日)

エフノク

2

朝の空気にほどかれる薔薇の一輪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土曜日)

エフノク

2

うたた寝の猫受けとめる五月の手

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オカオグルマ

Photo_3

草原に咲いていたオカオグルマ

<丘小車>   キク科

草丈20~60cm

オカオグルマとサワオグルマの違いがわからなくて

いつも悩んでましたがこれはオカオグルマ

丘に咲くのがオカオグルマで沢に咲くのがサワオグルマ

・・・・ってそんな単純ではない

オカオグルマの花は黄色の舌状花と筒状花からなる

頭花で直径3~4cm

この黄色い花を車輪に見たてました

花期は4~5月

Photo_4

葉は根生葉はロゼット状につき長楕円形

長さ5~10cm、幅1、5~2、5cm

茎葉は上部には少なく葉や茎などに白い軟毛が多く

白っぽく見えます

乾燥した草地や田んぼの畦に生え

本州、四国、九州に自生します

オカオグルマとサワオグルマとの違いは生えている場所と

軟毛の多さなどの総合判断でしょうか

もともとは同じ種類のものが生育場所の違いで変化して

別々の種類になったそうです



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金曜日)

エフノク

2

街角を曲がり曲がって風青し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユウグモノメイガ

Photo

小さく綺麗なガなのですが葉の裏にとまりました

<夕雲野螟蛾>   ツトガ科

翅の開張26~36mm

ユウグモノメイガは夕雲の名画ではなかったけど

夕雲の色をしていますね


Photo_2

何回も飛び回って場所を変えているのですが狭いところに

入り込んでうまく写真を撮ることができませんでした

黄色い翅に紅色のスジ模様

よく見ると目玉も黄色で赤い点があります

幼虫の食草はスイバ

出現期間は5~8月

北海道、本州、四国、九州に生息します

ツトガ科の仲間はギンスジツトガを紹介してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木曜日)

エフノク

Photo_11

不機嫌な夏がきている路地のねこ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヒメキランソウ

Photo

海岸近くの藪で見つけたヒメキランソウ

<姫金瘡小草>  シソ科

草丈2~5cm

キランソウによく似ていているのですが触ってみると

葉に厚みと光沢があり茎やガクに毛が少ない印象です

花は青紫色で筒状の唇形花で10~15mm

花期は3~5月


Photo_2

根生葉は倒披針形で3~7cmで縁には波状鋸歯があり

茎は横に這い節部から根を出します

キランソウは地獄の釜の蓋と呼ばれますが

ヒメキランソウもしっかりと地獄に蓋してくれてるようです

海辺の砂浜や岩場などに生え

福岡、佐賀、長崎、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水曜日)

エフノク

2

夏はじめ未来へ向かう道進む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒゲナガルリマルノミハムシ

Photo

緑や青に光るヒゲナガルリマルノミハムシ

<髭長瑠璃丸蚤葉虫>   ハムシ科

体長4~5mm

後脚の太もも?が太くてぴょんと飛んで逃げるノミハムシです

ダンギクに4~5匹いました

食草はムラサキシキブ、オオバコ、オオマルバノテンニンソウなど


Photo_3

ノミハムシにしてはちょっと大きくて触角が長い

出現期間は4月後半から

本州、四国、九州に生息します

ノミハムシはアカイロマルノミハムシを紹介してます


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火曜日)

エフノク

Photo_5

はつなつのいのちのやメゾフォルテ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイカイカリソウ

Photo

白いスミレかと勘違いするほど小さな花でした

スミレではなくバイカイカリソウでした

<梅花錨草>  メギ科

草丈10~20cm

花の形が梅のように咲くので梅花です

白い花は直径1~2cmほどで下向きに咲きます

イカリソウは花弁に長い距(きょ)がありそれが錨なのですが

バイカイカリソウには錨はありません

花は2~3個総状につけ丸みがあってふくよか

花期は4~5月


Photo_3

葉は1、2回2出複葉で小葉は楕円形や卵形

小葉の形が右左対象ではなく大きさが違うので面白いです

淡い緑色が繊細な印象です


Photo_4

山道の縁や木の下の薄暗いところに咲いていました

妖精のような愛らしさです

中国地方、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月曜日)

エフノク

2

すれ違う時立ち止まる夏のはじまり

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キビヒトリシズカ

Photo

草原の隅っこに咲いていたキビヒトリシズカ

<吉備一人静>  センリョウ科

草丈30cmほど

ヒトリシズカのヒトリは一株だけということではなく

花の穂が一本という意味

吉備は岡山県吉備地方のことです

葉は4枚~6枚対生し楕円形で

ツヤのない緑色をしています

ヒトリシズカによく似ていますが葉に光沢があります


Photo_2

これが花ですが花びらはどこ?

白い線状のものはオシベで10mmほど

花びらはありません

花びらがない花を裸花(らか)といいます

ドクダミやヤナギの花も裸花です

花期は4~5月

近畿地方以西の本州、四国、九州北部に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日曜日)

エフノク

Photo_5

はつなつや水の温もる水の星

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トラフトンボ産卵

Photo

トラフトンボの産卵が見たい!とため池に行ってみました

しかし日が暮れる寸前だったので半ばあきらめ気味。。。

<虎斑蜻蛉>  ヤマトンボ科

全長47~55mm

しかし今回は笑っているような顔を写真に撮ることができました

4枚の翅は開き気味に羽ばたいているようです

オスは池を飛び回ってメスを探します


Photo_2

オスとメスが連結すると飛ぶスピードが重さで遅くなるのかと

思いきやすごい速さで飛ぶのでびっくり

上が本物で下は水面に映った影になります

Photo_3

連結を解いて草にとまったメス

翅の上部が黒く縁取られてます

何をしているのか観察していると翅をぶるぶる震わせて

腹を反らせたり伸ばしたりしてじっと草にとまったまま


Photo_4

じりじり接近しても草にとまって集中してます

なんとじょじょに卵を産んでいるのです

茶色い泡のような卵の塊が大きくなってきました

ふいに飛び水面に腹部の先端を浸けたと思ったら

もういなくなってしまいました

産卵現場は写真には撮ることができませんでした

水面に変化がないか目を凝らしましたがまったく

わかりませんでした

ゼラチン質状のひも状卵塊を植物に絡ませるように

産卵するそうです

平地から丘陵地の水生植物が豊かな池に棲み

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土曜日)

エフノク

2

ふいに音楽鳴り止んで春暮れる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リュウキュウコザクラ

Photo

なんとも可愛らしい花を見つけました!

<琉球子桜>  サクラソウ科

草丈5~15cm

白色のサクラソウだと思いましたが花は5mmほど

草地のような畑のようなところに生えていたので

てっきり外来植物だと勘違いしてしまいました


Photo_2

枯葉に埋もれるように小さな葉っぱがありました

葉は根元からロゼット状にひろがり葉柄があります

葉は卵形で三角形のぎざぎざがあり大きさは5~15mm


Photo_4

茎は直立し途中で1~10くらいに枝分かれし

先端に花をつけます

小花柄は1~5cm

花は白色で花期は4~5月


Photo_3

細い茎には白い毛がはえていました

この場所にはアザミの葉があり花をよく見ようと

しゃがむとチクチク攻撃されてしまいました

四国地方の本州、九州、沖縄に自生します

琉球というと南国沖縄ですね

リュウキュウと名前が付く生き物、植物は

リュウキュウオオスカシバ(蛾)、リュウキュウムラサキ(蝶)、

リュウキュウアサガオ(植物)を、

オキナワならオキナワルリチラシ(蛾)、オキナワシタキヅル(植物)を

紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金曜日)

エフノク

2

地球に命溢れる五月の

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木曜日)

エフノク

2

あおく吹く五月の風の誘う旅

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カイジンドウ

Photo

草原に咲いていた賑やかそうな花

<甲斐竜胆>  シソ科

草丈20~40cm

カイジンドウですが甲斐(山梨県)のリンドウという

ことでしょうか

数株が集まっていたので楽しそうに見えました

茎や葉に白い毛が生えています


Photo_2

花に顔をつっこんで蜜を集めるニッポンヒゲナガハナバチ

茎頂に花序をつくり花は青紫色

花はキランソウによく似ています

花期は5~6月


Photo_3

葉は対生し卵形で長さ3~8cm

先は尖り縁に粗い鋸歯があります

日当たりのいい乾いた草原や落葉樹林に生え

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水曜日)

エフノク

2

少年に強く吹く風五月くる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒメミヤマスミレ

Photo

モミの木の生える森の中でみつけたヒメミヤマスミレ

<姫深山菫>  スミレ科

草丈5~10cm

大きな木の隙間から日が差したり翳ったりしてました

半日陰を好むようです

白い花は1cmほど

花をよく見ると内側に短い白い毛があり

フモトスミレによく似ています

花期は4~5月


Photo_2

葉は三角形で細長い

縁には粗い鋸歯があり裏面は淡い緑色

フモトスミレの葉は丸みがあります


Photo_3

横から見ても魅力的なヒメミヤマスミレ

距(きょ)は短くて丸く紫色

トゲの生えた植物が近くにありちょっと痛い目に

あいましたが花に出会えて嬉しい日になりました

関東地方以西の本州、四国、九州に自生します

白いスミレはツクシスミレツバスミレコミヤマスミレ

シコクスミレを紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »