« サワハコベ | トップページ | ブタクサハムシ »

2013年6月14日 (金曜日)

エフノク

2_2

手の中に鼓動を包み緑国

|

« サワハコベ | トップページ | ブタクサハムシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

わぁ ちっちゃいですね
指の関節ひとつくらいしかないですね

でも独立した生命体の蛙クン
頑張って生きて行ってね!!

そう言えばこのブログも
いつも蛙クンのシルエットが泳いでいますねぇ!

☆hawkさん
こんばんは
タゴガエルの子供です
子供って呼び方がなんかヘンですが
何と呼べばいいんでしょうか
4cmくらいには大きくなります
オタマジャクシから変態した幼体と
いうようです
山でピョンピョン跳ねるのでつい掴まえて
しまいました
いつの間にかカエルも好きになりました
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年6月15日 (土曜日) 20時24分

なんて可愛いこと!!
小さくってもがんばってるんですねぇ。
今年はまだ我が家の庭でカエルさんに出会ってないような?
ちょっと寂しいです。


☆ねこおばさん
こんばんは
今日は雨が降ったのでアマガエルが
鳴いてませんか?
我が家のまわりはカエルが合唱してます
写真のカエルはタゴガエル
まだ子供です
大きくなると簡単に摑まえることは
できなくなります
すごくジャンプするんです
コメントありがとうございます

投稿: ねこおばさん | 2013年6月15日 (土曜日) 22時09分

この記事はやりすごすごそうかな、と思ったものの、緑国の意味がわからず、気になって寝られません。教えてください。安らかな睡眠をおあたえください。(笑)
私、カエルは手のひらには乗せられません。両生類は湿った皮膚で・・苦手です。
エフさんのFはファーブルのエフだったのか!

手のひらに乗ったカエルは喜んでいますよ。海外旅行、いや宇宙旅行に行ったように。自慢していますよ、仲間たちに。
長崎のファーブルに会ったぞ~。

☆屋形船さん
こんばんは
あーやばい・・・
あんまり深いこと考えてないので非常に困る
笑ってごまかしたいところです
この日は友人と山へ散策に行きました
散策と呼ぶにはハードで登山と呼ぶには
ちゃち過ぎる
山は緑また緑でした
歩くと小さなカエルがぴょんと飛び出して
きたので掴まえて友人に見せました
手は私の手ですがカエルは緑の国の
大きな手に包まれて生きてる
小さな命を手に包んでみて山の大きさを
感じました
山を登る時の体の重かったこと
まだまだファーブルには程遠いのです
屋形船さんの質問の答えになっているでしょうか
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年6月17日 (月曜日) 10時52分

エフさん、十分すぎるお答え、ありがとうございました。
「カエルは緑の国を生きている」というインスピレーション、なんとなくわかりました。
言葉の解釈以前の、詩の心で迫るという問題でした。
今日はゆっくり眠れます。(笑)
このコメントはお返事不要ですよ。ほんとうに。
また眠れなくなりますから・・・


☆屋形船さん
いつもなんとなく言葉にしてましたが
考えて言葉にすると少しかたちが見えてきました
かたちないものの輪郭が浮かぶくらいには。
いつもコメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年6月18日 (火曜日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/52039881

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« サワハコベ | トップページ | ブタクサハムシ »