« エフノク | トップページ | ユミアシゴミムシダマシ »

2013年6月23日 (日曜日)

エフノク

2

澄みきった水の重みや水惑星

|

« エフノク | トップページ | ユミアシゴミムシダマシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

透明な翅にキラキラの水滴。
とてもとても美しいですね!
…じっと絶えている姿も健気ですよね…。


☆TOOLKITさん
こんばんは
シオカラトンボがじっととまってました
雨の日はこうして過ごしているんでしょうか
小さな水滴ですがトンボには重そうです
犬みたいにブルッと身震いすることも
できないんでしょうか
美しいけどトンボにとったらどうなんでしょうね
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2013年6月23日 (日曜日) 00時56分

お句がいいですね!!

蜻蛉が濡れています

水の惑星ですね

もう塩辛蜻蛉が出てきましたか・・


☆hawkさん
はーい、シオカラトンボも飛んでます
雨の日はトンボは飛べないんでしょうか
翅に水滴がいっぱいついてました
雨が降ったり止んだりしてたのでトンボも
飛べるのではないかと思いましたが
人間の感覚とは違うのでしょうね
湿度が多いと空気も重いのでしょうね
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年6月23日 (日曜日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/52143383

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ユミアシゴミムシダマシ »