« エフノク | トップページ | ノハカタカラクサ(トキワツユクサ) »

2013年6月10日 (月曜日)

エフノク

2

一日中島の輪郭なぞる風

|

« エフノク | トップページ | ノハカタカラクサ(トキワツユクサ) »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

梅雨の海ですね!!

やっぱりぼくは人間が暗いのか

こういう情感あふれるお写真が一番ぴたりと来ます

お句もいいですね!!

☆hawkさん
こんばんは
バス停がぽつんとあるとなんだか嬉しくなって
つい写真を撮ってしまいます
不便な所にもちゃんとあるんです
ここはけっこうバスが通っているようでした
なんたって長崎市内長崎バスです
いつもコメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年6月10日 (月曜日) 18時20分

HAWK師匠に続き、コメントをいたします。

昔、天草下島を歩きまわったことがあり、海沿いの道にちょうどこんな感じのバス停が、いくつもありました。どこのバス停も待ち人ゼロで、1~2時間に1本という運行のため。結局、歩いて目的地まで行きました。海がきれいで歩くのが苦にならなかったですね。なつかしい思い出です。

バス停の案内板、上は丸形、下は長方形で人形(ひとがた)みたいです。あらためてみると、なかなかいいデザインです。

風が、島の輪郭をなぞる、うーむ、今日のエフさんの視点は空を飛ぶ鳥ですね。千の風にのって、お句を作られたのですね。


☆屋形船さん
こんばんは
天草は長崎から近いのにまだ行ったことありません
けっこう大きな島ですよね
綺麗な教会もあるのでぜひ行きたいと思います
天草は昔一時長崎だったことがあるのだとか
歩くと時間はかかりますが記憶に残りそうです
いい旅だったんでしょうね
ここ神の島は昔昔島だったので風は覚えていて
どこまでが島だったかを思い出しているカモ
という空想が広がってしまいました
鳥になって空から見える風景は心踊るでしょうね
いつもコメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年6月10日 (月曜日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/51978456

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ノハカタカラクサ(トキワツユクサ) »