« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年6月11日 (火曜日)

サラサヤンマ

Photo_2

水の流れる薄暗い森の中にいたサラサヤンマ

<更紗蜻蜒>  ヤンマ科

体長57~68mm

腹部にある黄緑色の班紋を更紗模様に喩えました

暗がりに黄色い三角模様が浮かびあがって

とっても綺麗でした

ヤンマの仲間は眼が大きくてサラサヤンマは眼と眼が

一部分接しています


Photo_4

胸部下の腹部が膨れているのでオス

副性器というそうです

周辺は樹林に囲まれた水田と放棄水田と

小さな池がありました

出現期間は5~7月


Photo_5

葉っぱと重なってしまいましたがいちおう羽ばたいてます

翅が傷んでましたがここでメスを待っていたんでしょうか

北海道、本州、四国、九州に生息します

ヤンマの仲間はミルンヤンマカトリヤンマオニヤンマ

ギンヤンマクロスジギンヤンマを紹介してます



|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

深緑の目玉が大きくて目立ちますね!
ヤンマの仲間は皆かっこ良くて惚れ惚れしちゃいます。
…♀に会えた事を祈ってしまいます…。


☆TOOLKITさん
こんばんは
いつの間にかヤンマの季節になりましたね
近くの池ではクロスジギンヤンマが
飛んでましたが速すぎて何トンボかも
わからないし写真もまったく撮ることが
できませんでした
動体視力を鍛えなくてはいけません。。
サラサヤンマも池にいたら写真には
撮れなかったでしょう
メスはどこにいるんでしょうね
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2013年6月12日 (水曜日) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラサヤンマ:

« エフノク | トップページ | エフノク »