« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年6月20日 (木曜日)

ウスギヌカギバ

2_2

面白い模様のガが目立つところにとまってました

<薄絹鉤翅蛾>  カギバガ科

翅の開張30~45mm

ウスギヌカギバは白い繊細な翅に黄土色の模様

後中央から三方に伸びた線

自分ではこの翅の模様が見えるはずないのにどうして

一本の線のようにうまく繋がるんでしょうか

中世ヨーロッパの紋様のようです


Photo_3

何か隠された意味がありそうな感じ

まったく解読できませんが・・・

翅は半透明で毛が生えているように見えます

食草はクヌギやコナラなど

出現期間は5~11月

本州、四国、九州に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

赤色の上に止まっては、全く保護色の役目を果たしていないですね!(笑)。
素晴らしく目立つ美しい物。
ひょっとして目立ってモデルになりたかった?
ホントに紋章のようですね。
…見つけてもらえて喜んでいるかもですね!(笑)…。


☆TOOLKITさん
こんばんは
そうか紋章ですね
ガは種類が多くて面白いですね
模様も大きさも形も多種多様
名前を調べられるくらいの特徴があると
嬉しくなります
朝早いと動けないのかじっとしてるので
助かります
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2013年6月21日 (金曜日) 11時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウスギヌカギバ:

« エフノク | トップページ | エフノク »