« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水曜日)

エフノク

2_2

さざ波のよせてはかえるあの夏の日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イズハハコ

Photo

これで全開・・・イズハハコです

<伊豆母子草>   キク科

草丈25~55cm

印象ではベニバナボロギクの白花みたいと思いましたが

あらためてベニバナボロギクを見るともっと大きくて

花も葉もちょっと違いました

茎の先端に頭花が集まって付き

雄花は頭花のまわりに両性花は真ん中に少し

花は白色

花期は4~7月


Photo_2

やわらかそうな葉は長楕円形で5~6cm

下側ではロゼット状

全体に灰白色の軟毛が生えています

日当たりのいい斜面などに生え

関東地方以西の本州、四国、九州、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火曜日)

エフノク

2

路線バスしばらく夏と並走し

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビロードスズメ

Photo

グリーンカーテンの葉にいたビロードスズメ

<びろうど雀蛾>  スズメガ科

翅の開帳45~60mm

暗褐色の翅に黒い斑点

頭部から上翅の内側に白色のライン

スズメガの仲間では小さく感じました

それでも翅の形がカッコいいですね


Photo_2

よく似ているミスジビロードスズメガとの区別が

よくわかりませんでした

成虫の時はビロードスズメがちょっと大きいようです

ビロードスズメの幼虫の時の食草はツリフネソウ科、

アカネ科、メギ科、ブドウ科など

イモムシの姿はヘビみたいに見えます(ちいさいですが)

出現期間は5~8月

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月曜日)

エフノク

2

からっぽの指をひろげる白い百合

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミミカキグサ

Photo

耕作していない田んぼで見つけたミミカキグサ

<耳掻草>  タヌキモ科

花茎の高さ10cmほど

ミミカキグサは食虫植物

この写真ではわかりませんが地下茎に小さな捕虫嚢を

持っているのだそうです

黄色い花の下にある茶色っぽい萼が耳かきに似ているので

名付けられました

Photo_2

花茎の上部に黄色い花をつけます

花は5mmほど

花期は8~10月

花が終わったら萼が大きくなって果実を包みます

湿地やため池や放棄水田などに生え

本州、四国、九州に自生します

ムラサキミミカキグサも紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日曜日)

エフノク

2

図書室に活字降り積む音ひそか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土曜日)

エフノク

2

街あかり迷える夜や浴衣着る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金曜日)

エフノク

2

この夜を見下ろす花火打ち上がる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火曜日)

エフノク

2

乗客は夏の風バス走る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月曜日)

エフノク

2

鬼やんま黄泉の国まで飛行する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マルウンカ

Photo_2

黒色に白い星のテントウムシ

かと思いましたがどこか違う・・・

<丸浮塵子>  マルウンカ科

体長5、5~6mm

これはヨコバイアワフキの仲間のマルウンカでした

甲虫に見えますが甲虫ではないんです

触ろうとするとピンと跳ねて逃げました

テントウムシに擬態しているようです


Photo_3

ふりむいた?マルウンカ

口吻で植物の汁を吸います

出現期間5~7月

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日曜日)

エフノク

2

炎天の空のどこまで青いまま

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

宇宙の生まれては消えしゃぼん玉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コムラサキ

Photo

クヌギの木に来ていたコムラサキ

<小紫蝶>   タテハチョウ科

翅の開張60~70mm

いつの間にか樹液レストランは大盛況

サトキマダラヒカゲゴマダラチョウアカタテハ

アオカナブン、カナブン、ヨツボシオオキスイ

オオスズメバチが集まってました

カブトムシやクワガタはいませんでした

Photo_2

コムラサキは樹液や腐った果実などに集まります

口吻を伸ばして樹液を吸ってます

隣にはカナブン

樹液を求めてちょくちょくバトルが繰り広げられるのです


Photo_3

幼虫の食樹は各種ヤナギ類

翅は茶褐色で橙黄いろの帯がありオスは光の加減で

紫色の光沢があります

ちょっと紫色に見えるかな?

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金曜日)

エフノク

2

夏の日の小さな影を包む影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オグルマ

Photo

田んぼの畦に咲いていたオグルマ

<小車>  キク科

草丈20~60cm

草刈りをしてありましたがオグルマだけは

残してありました

周りは草原になっています


Photo_2

黄色い繊細な花びらが美しい

この舌状花を小さな車に見たてました

黄色い頭花は直径3~4cm

花期は7~10月

Photo_4

茎には白っぽい毛が生え下の方の葉は枯れかかっていました

茎葉は長さ5~10cm、幅1~3cmの広披針形

カセンソウとよく似ています

違いはオグルマは葉がやわらかで裏面の脈が隆起しないこと

総苞片が細く長く本数が多い

そう果の表面は有毛

のでオグルマではないかと思います

この微妙な違いは難しすぎる・・・・

北海道、本州、四国、九州に自生します



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木曜日)

エフノク

2

青空のふくらんでいく七月の朝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒメサナエ

Photo

小さくて可愛らしいヒメサナエ

<姫早苗>  サナエトンボ科

全長41~47mm

葉っぱの上でじっと身構えていましたがあまりにも

カメラが近づき過ぎると飛んできて威嚇

小さくても戦う気満々です

目玉は緑色で体がスリムなオス

Photo_2

いくつか見分けるポイントがありますが胸部の上部分に

八の字とT字の模様があります

優雅に細長い腹部先端の尾部上付属器が白色

胸部の黒条は一本


Photo_3

全体が黄色っぽくて腹部が太いメス

出現期間は6~8月

樹林に囲まれた川の中流部から源流に棲み

本州、四国、九州に生息します

これまで紹介したサナエトンボはダビドサナエ

ヤマサナエタイワンウチワヤンマです


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水曜日)

エフノク

2

ないしょの話の続き木下闇

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火曜日)

エフノク

2_2

恋をするあかいダリアの花言葉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アマゾントチカガミ

Photo

浅い池にみっちりと生えた水草

これはトチカガミ?と勘違いしてしまいました

<あまぞん鼈鏡> トチカガミ科

中南米原産の外来植物です

丸い小さな葉がトチカガミによく似てます


Photo_2

花は半透明で花弁は3枚

この花を見てトチカガミとは違うことがわかりました

葉もトチカガミはもっと切れ込みが深く少し大きい

水槽の水草としてアマゾンフロックピットと呼ばれて

販売されてます

廃棄、逸失されて繁殖しているようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_3

それぞれが見上げる空の夏の色

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月曜日)

フタモンクロテントウ

Photo

ちいさなちいさなテントウムシ

<二紋黒天道虫>  テントウムシ科

体長2~3mm

あんまりにも小さくてうまく写真が撮れませんでした

葉はヤシャブシ

黒色に2個の赤橙色紋

Photo_2

右上が頭部(オスの頭部はは黄色)

微毛が生えているようです

本州、四国、九州、沖縄に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土曜日)

エフノク

Photo

指汚す花粉は紅く夏の恋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク

2

夏空の雲の音符を風奏で

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金曜日)

オオトラフコガネ

Photo_2

森の中は晴れている昼間でもとっても暗いところがあります

そんな暗い所にいたオオトラフコガネ

<大虎斑黄金虫>  コガネムシ科

体長12~16mm

とっても個性的で美しいコガネムシなのですが暗くて

よく見えませんね

触角が大きいのでオス

黒褐色の体色に黄色いトラ模様

メスは黒っぽいようです


Photo_3

顔はまったく見えない・・・・

あんまり暗いので掴まえて明るいところへ運んで

手から放したらプーンと飛んで逃げてしまいました

ああショック。。

このオオトラフコガネは飛ぶのが得意のようです

成虫は花粉を食べ幼虫は朽木で育ち

出現期間は6~8月

山地に棲み

本州、四国、九州に生息します

神奈川県のはるきょんさんは日のあたる場所で

ばっちりオオトラフコガネを撮影されてます

ときめきの虎の模様を見てください、こちらへ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木曜日)

エフノク

2

夏の旅雲の切符を手に握り

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヤマトミクリ

Photo

湿地で見つけた栗・・・

みたいなヤマトミクリ

<大和実栗>  ミクリ科

草丈40~80cm

緑色のイガイガした果実を栗のいがに喩えました

葉は幅1~2cmで細長い


Photo_2

これが花なのか果実なのかよくわかりませんでした

終わりかけの花かな?

一本の茎に雄花は上の方に雌花は下の方につき

茎はジグザクに曲がります

花期は6~9月

池、沼、溝などの浅い水中に生え

関東以西の本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水曜日)

エフノク

2

幾千の夏の息吹や森の音

| | コメント (1) | トラックバック (0)

グンバイトンボ

Photo

森に囲まれた湿地にいました

脚が白いグンバイトンボです

<軍配蜻蛉>  モノサシトンボ科

全長37~41mm

中脚と後脚に白く広がっている部分を軍配に喩えました

軍配は相撲の行司さんが持っている卓球のラケットみたいなモノ

むかしむかしは戦で武将が采配を振るう時に使いました

Photo_2

モノサシトンボによく似ているので紛らわしい

この場所にもモノサシトンボがいっぱいいました

モノサシトンボの脚も白くなっているけど広がってないので

よく見たら区別できます

軍配の脚を持っているのはオス

Photo_3

メスはもっとそっくりで悩ましいのですが

眼後紋が繋がっているのがグンバイトンボです

写真を撮っているとセミが一斉に鳴きだし

森の中がセミの鳴き声のウェーブに包まれました

暑い夏がはじまりました

平地から丘陵地の周りに森林のある小川や湿地に棲み

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火曜日)

エフノク

2

潮香るいったりきたりの夏の風

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク

2

あおくあおくと空あおく梅雨明ける

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月曜日)

ムラサキツマキリヨトウ

Photo

シダの葉の上にいるのはムラサキツマキリヨトウ?

<紫褄切夜盗蛾>   ヤガ科

翅の開張30~36mm

シダの葉にとまってますが食草がシダなのです

フサシダ科のツルシノブを食べるそうですが写真のシダかは

わかりません


Photo_4

ヤガ科ツマキリヨトウ類というガのグループはどれも

そっくりで黒褐色に難解な前衛絵画のような模様なのです

脚は毛むくじゃらで触角は意味ありげに縒れてます

上翅中央から弧を描く2すじの紫色が綺麗なので

ムラサキツマキリヨトウではないかと思いましたがさて・・・

出現期間は5~8月

北海道、本州、四国、九州、沖縄に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日曜日)

エフノク

2

七夕や雨のち晴れの恋心

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク


2_2

神の手をすり抜けて吹く黒南風や

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土曜日)

ミドリヒョウモン

Photo

オカトラノオの蜜を吸うミドリヒョウモン

<緑豹紋蝶>   タテハチョウ科

翅の開張65~70mm

ヒョウモンチョウの仲間は表翅の模様がどれも

よく似ているのでさっぱり見分けがつきません

今回図鑑と写真を真剣に見比べてみました

これはミドリヒョウモンのメスでしょう


Photo_2

裏翅だとわかりやすい

ミドリヒョウモンはなぜか山地の建物で休んでました

別々の建物に3頭いました

これはオス

表翅は橙色に黒い豹紋、裏翅は暗緑色と白色のスジ模様

幼虫の食草はスミレ類

丘陵地から山地の雑木林周辺で見られ

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金曜日)

エフノク

Photo_3

夏草に埋もれてしまうラブレター

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ササバラン

Photo

草原で並んで咲いていたササバラン

<笹葉蘭>  ラン科

草丈20~30cm

葉が笹の葉に似ているから笹葉蘭

そう聞くと尖った葉先とか縦スジが似てる気がします

狭長楕円形で長さ8~15cm

葉は2~3枚


Photo_2

なんだか楽しそうな花

花は下の方は暗紫色で上の方は黄緑色

ランの花はつくりが複雑ですね

花期は7~8月

日当たりのよい草地に生え

千葉県以西の本州、四国、九州、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木曜日)

エフノク

2

黄槿やさみしがりやのレモンイエロウ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水曜日)

エフノク

2

はじまりの夏ゆっくりとひらく花

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒメアトスカシバ

Photo_3

ハチにそっくりなガ

<姫後透翅蛾>  スカシバ科

翅の開張21~29mm

ひょっとしたらハチになりたかったガ・・・

ハチに似せようと後翅をスケスケの透明にしました

腹部の黄色い2本の線もハチの特徴を真似てます

何となく似てるオオフタオビドロバチはこちら♪

Photo_2

幼虫の食草はアカネ科のへクソカズラ

蔓部分に巣を作り黒い殻状の繭の中で育ちます

写真はメス

出現期間は6~7月

本州、四国、九州に生息します

ハチに擬態しているガはシラホシヒメスカシバを紹介してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火曜日)

エフノク

2

あめつぶもあいも受けとめ蓮の花

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニホンヒキガエル幼体

Photo_2

小さなカエルがぴょんと跳ねました

<日本蟇蛙> 両生類カエル目ヒキカエル科

成体は体長7~17、6cmになります

この小さな小さなカエルは1cmほどでした

手に乗せてみましたがすぐに飛んで逃げました

Photo_5

茶褐色で黒色のだんだら模様

前脚の指は3本に見えましたが4本、後脚の指は5本

これから陸上生活になりますが昆虫や小さな小動物など

動くものは何でも貪欲に口に入れてしまいます

平地から山地まで広い範囲に棲み夜行性で

昼間は森林の落ち葉の下や石の下などで休みます


Photo_3

真っ黒な塊はオタマジャクシでした

4月8日撮影

近畿以西の本州、四国、九州、に生息します

ひも状の卵塊はこちら♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月曜日)

エフノク

2_2

はばたいて時間ゆるめる揚羽かな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クロフオオシロエダシャク

Photo_2

目立っていることに気づいてないのか、クロフオオシロエダシャク

<黒斑大白枝尺蛾>   エダシャクガ科

翅の開張46~53mm

この場所は夜に街灯が点いているので朝のゴミ出しの時に

いつもチェックするのですがよくガがとまってます

夜は暗いから赤色が見えないんでしょうか

というかガは色を識別しているのでしょうか?


Photo_3

人ははっきり見えているようです

最初からじっと見つめられてました

白い翅に黒色の斑紋

胸部と頭部は黄色に黒い斑紋、腹部は白色に黒色の斑紋

幼虫の食草はマツブサ科のシキミ

成虫は樹液や花の蜜を食べます

出現期間は4~8月

本州、四国、九州、沖縄にに生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »