« エフノク | トップページ | ミミカキグサ »

2013年7月28日 (日曜日)

エフノク

2

図書室に活字降り積む音ひそか

|

« エフノク | トップページ | ミミカキグサ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

 読書に集中していると自分だけが深い世界に落ちていくような気分になります。
知らぬ間にしんしんと周りに雪がふり積もった気分ともいえます。
ゆえにこのお句の「降り積む」になるほどです。

 読書する姿は美しいです。集中する姿ですね。
最近は1時間、2時間と読みふける人は少ないでしょう。
ケータイが邪魔をします。
いったん集中が断たれると再構築がけっこう難しい。
私はほとんど電源を切ってました。
それが可能な職業でしたから。幸せでした。

☆屋形船さん
こんばんは
本が身近にあるととってもしあわせ
しかし最近はパソコンに向かっていることも
多くなりました
このブログ更新のためですが。。。
世の中どんどん変わっていきますね
子供たちが本を読んでる姿は嬉しくなります
じっくり一字一字読んでる姿
屋形船さんがおっしゃるように集中してますよね
ゲームも楽しいだろうけど本を読むのも
面白いよ~~
時代は変わっていきますが本を開く楽しみは
いつまでも残りますよね
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年7月28日 (日曜日) 11時53分

「・・活字降り積む音ひそか」

いいですね!!

措辞が秀逸ですね!!

☆hawkさん
こんばんは
措辞ってどんな意味だ?
詩歌や文章などの言葉の使い方ですか
日本語を知らないので時々恥ずかしくなります
外国語はまったくわかりませんし
誉めてもらっていいのでしょうか・・・
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年7月28日 (日曜日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/52638070

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ミミカキグサ »