« エフノク | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »

2013年7月 7日 (日曜日)

エフノク

2

七夕や雨のち晴れの恋心

|

« エフノク | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

なんかちょっと久し振り感のある鉄道写真・・
もっともこちらは路面電車ですが・・

雨の長崎ですね
余り降っていないようですが
歩道橋の上には傘を差している人がいます

正覚寺下行きの電車が入ってきています

知らない街なのになんか懐かしい感じです

行き先の正覚寺下は調べましたが
川の上に作った路面電車の駅だそうですね
この駅のことはわかりませんが・・・


☆hawkさん
こんばんは
ここは長崎駅前の電停です
ここからは正覚寺、蛍茶屋へ、
反対側の乗り場からは赤迫行きの電車に
乗ることができます
正覚寺の下に川があるのですか?
それはまったく知りませんでした
暗渠になっているのかな?
近くに思案橋があるのですがここも橋は
なく地名だけが残ってます
昨日は雨が降ったり止んだりしてました
今日梅雨が明けたそうです
正覚寺電停に行ったら調べてみますね
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年7月 8日 (月曜日) 11時12分

 路面電車がゆっくり入ってくると、待っていたお客が、さあとばかりに立ち上がり、準備をする。その一瞬のふんいきが伝わる写真ですね。

お客は女の人の方が、被写体としていいですね。
なぜでしょうか?うーん、考えました、20分ほど・・
女の人の方が、生活感があるんですねー。この電車に乗って、あの用事を済ませて、それからこの用事をして、その後、とりあえず家に電話して、家族の様子を聞いて、それから・・・メチャクチャ忙しそうなイメージがあります。
よく見ると、白いコートの女性は小さな紙袋もっていますね。家族へのお土産用のケーキかな。いやいや老いた一人暮らしの母親へのお土産の和菓子かな・・。生活感があふれています。

被写体が男の人なら?
別にこの電車にこだわらなくていいんだけど、来たから乗るとするか。ええと、どこへ行くんだったかなあ。まあ、どこでもいいわ。家には早く帰りたくないから、どこかで時間つぶそうっと。
イメージですよ、あくまで。

正覚寺、いい名前ですね。正覚とは迷いの眠りから目覚めること、悟りを意味しますね。私などは迷いの眠り、煩悩の眠りのまま、永眠へ突入です。ははは。

☆屋形船さん
こんばんは
雨の電停に立っているといろんな人が
電車を待ち電車に乗り電車から降りて
目的地へ向かいます
雨だからみなさんさっさと行動します
地図を持った観光客や修学旅行の学生さん、
外国の方々も見かけました
人が少ないところで人にカメラを向けると
非常に目立ちますが人が多いとその点
助かります
観光地なのでカメラに違和感がないのです
自然な姿が気持ちいいです
最近人がいないところへ行く傾向があるので
時々人のいる風景も撮りたくなります
写真に人が入るとぬくもりがあってほっとします
一枚の写真からイメージを膨らませてもらって
しあわせな写真です
ありがとうございます
正覚寺にそんな深い意味があるなんて
お寺にも行きましたが知りませんでした
言葉の意味も考えての命名でしょうね

永眠してしまったら煩悩も無くなるワケで
煩悩があるから生きている実感があるの
かもしれませんね
日頃ぼんやり過ごしているので煩悩って何?
となってしまいました
コメントありがとうございます


投稿: 屋形船 | 2013年7月 8日 (月曜日) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/52353841

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »