« エフノク | トップページ | シロテンウスグロノメイガ »

2013年8月27日 (火曜日)

エフノク

2

未来への旅のとちゅう秋の蝶

|

« エフノク | トップページ | シロテンウスグロノメイガ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

「未来への旅のとちゅう」がいいですね。
一度も観たことのない蝶です。
明日も明後日も、命ある限り生きる。
当たり前のことですが、時には「生きるって辛いね」と思うこともあります。
贅沢なことですよね。


☆太郎ママさん
こんばんは
コメントの返事が遅くなってしまいました
ごめんなさい
この蝶はアサギマダラといいます
漢字で書くと浅黄斑
暑さに弱いので標高の高い山などで
よく見かけます
アサギマダラは長距離を移動するので
旅をする蝶なのです
秋になると南へ移動するそうです
翅にマーキングをして調査をしているそう
ですがまだ遭遇したことはありません
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年8月28日 (水曜日) 08時05分

蝶々って不思議な存在です
植物ではなく動物に属しながら
花の中で暮らすものだから花に似ていて
昆虫でありながら固い殻は持たず
なんと渡りをするものまである

蝶全体がまだまだ未来へ向かって発展していくものかもしれません
ほんとに未来への旅の途中なんですね!!

☆hawkさん
こんばんは
コメントの返事が遅くなってしまいました
ごめんなさい
本当に蝶々は不思議な生き物です
あのイモムシが美しい蝶に変身するなんて
どう考えても合点いきません
あの蛹の中でいったい何が行われているのか?
知りたいです
魔法のようですよね
未来へ旅の途中、うまくまとめてもらって
ありがとうございます
いつもコメントいただいて感謝です

投稿: hawk | 2013年8月28日 (水曜日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53055962

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | シロテンウスグロノメイガ »