« キダチコマツナギ | トップページ | トビサルハムシ »

2013年8月31日 (土曜日)

エフノク

2

人と人結んで走るローカル線

|

« キダチコマツナギ | トップページ | トビサルハムシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

前コメント欄で島原とか有明海とか、知っている名前がでてきて嬉しくなりました。
長崎は茨城県から観ると外国のようです。
ずいぶん昔から外国の人々との交流や貿易があったのでしょうね。


☆太郎ママさん
こんばんは
長崎県のイメージは他県の方からはエキゾチックで
ロマンチックと思われているようです
これは半分正解で半分は勘違いなのですが
そのまま勘違いしててもらいましょう
海に囲まれた長崎県は日本列島の西の端っこ
なので昔から海外と交流が盛んだったのでしょうね
長崎や平戸や島原の口之津などは南蛮貿易で
栄えたようです
この駅は古部駅、駅から有明海が一望です
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年9月 1日 (日曜日) 09時55分

何もない河岸に駅がある!!

この雰囲気がなんともいいですねぇ!!

空がどんよりと曇っているのもなんとも言えず
いいです

海辺とくもりぞらとやや茫漠たる風景
最高です


☆hawkさん
こんばんは
そうなんです
これが駅?って感じなのです
なかなかいい雰囲気の駅です
それでも列車を待っている人が数人いました
地元の人の足なんでしょうね
この列車は諫早行き
線路は単線なのでこの駅で行きあうように
なってました
コメントありがとうございます


投稿: hawk | 2013年9月 1日 (日曜日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53099219

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« キダチコマツナギ | トップページ | トビサルハムシ »