« エダウチスズメノトウガラシ | トップページ | ウチワヤンマ »

2013年8月10日 (土曜日)

エフノク

2

ため息を置き去りにして夕列車

|

« エダウチスズメノトウガラシ | トップページ | ウチワヤンマ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

ため息の内容はどのようなものだったのかしら。
深く傷ついた心が遠ざかっていくようです。


☆太郎ママさん
こんばんは
日が暮れる頃になるとホッとするのか
疲れているのかため息が出てしまいます
最近は頭にくることはあっても傷つくことは
少なくなりました
きっと強くなっているのでしょう
鈍くなっているのかな?
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年8月11日 (日曜日) 08時36分

薄闇の中を列車が走っていきます

それは日常ですが
同時に日常でもありません

秋の初めですね
秋の初めの薄闇です
何やら侘しいです


☆hawkさん
こんばんは
海辺の夕間暮れ
思いがけず列車が来てくれました
あついあつい一日が暮れていきます
日が暮れるとなんだかさみしくなってきますね
きっとちいさな秋が紛れ込んでいるからでしょう
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年8月11日 (日曜日) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/52827547

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エダウチスズメノトウガラシ | トップページ | ウチワヤンマ »