« セスジスカシバ | トップページ | アマチャヅル »

2013年9月24日 (火曜日)

エフノク

2

秋の日の光の集う天主堂

|

« セスジスカシバ | トップページ | アマチャヅル »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

「秋の日の光の集う天主堂」

秋空に白い教会がスッキリと美しいですね。


☆太郎ママさん
こんばんは
大江教会は海を見下ろすところに建っていました
シスターと話すことができましたが以前は
2000人も信徒さんがいたそうです
平戸の紐差教会によく似た教会でした
教会の外観は白なのですがほんとうに
真っ白でした
いつもコメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年9月25日 (水曜日) 07時37分

 昔、♪緑の丘の赤い屋根 とんんがり帽子の時計台
鐘が鳴ります キンコンカン
という歌がありました。
こちらは立派な白亜の聖堂です。
丘の上に教会があると、いっそう荘厳なものを感じます。
鐘の音も聞いてみたい。
こんな教会が、教会群としてあるから、長崎・熊本はすばらしい。
建物だけじゃなく、信仰も守られているからすごいですね。


☆屋形船さん
こんばんは
天草の大江教会です
大江教会は丘の上に崎津教会は海の近くに
あります
ふたつの教会は近くにありました
近いといっても見えない距離です
天草のキリスト教徒も隠れキリシタンとなって
長いこと信仰を守ってきたそうです
なんというか尊いというか壮絶というか
想像できない信仰心です
教会が美しいのはそういう見えないけど
尊い力が集まってできているからでしょうか
歌は聴いたことあります
調べてみると鐘の鳴る丘でしたね
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年9月25日 (水曜日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53376327

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« セスジスカシバ | トップページ | アマチャヅル »