« エフノク | トップページ | ツマキリウスキエダシャク »

2013年9月10日 (火曜日)

エフノク

2

自転車をどこまでも漕ぐ青春

|

« エフノク | トップページ | ツマキリウスキエダシャク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

浜辺を自転車で移動するなんて、若くないとできませんね。
写真を観ただけでも、脹脛に疲れがでました。

☆太郎ママさん
こんばんは
ここは隣の街ですが平坦なので
自転車が多いのです
特に学生は自転車通学が多数派
海沿いを自転車で駆け抜ける青春・・・
今頃の10代は青春って言葉を使うのでしょうか
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年9月11日 (水曜日) 08時41分

  さわやかに朝の浜辺を自転車で走る、という風景ですね。
いやわかりませんね、午後かもしれないし・・
この学生さん、遅刻しそうでペダルを必死に漕いでるかもしれない。
砂浜はペダルが重くて漕ぎにくいんです。
いやまてよ、学生じゃなくておばさんかな・・
ま、素直に、さわやかな入り江の朝と理解しておきます。


☆屋形船さん
こんばんは
ここは大村市の玖島城跡の海側
この辺りに船が着いて荷物を海から
運んでいたそうです
むかしむかしは大村藩は南蛮貿易で
栄えていたのだとか
そのころの領土がどうなっていたのか
今とはぜんぜん違うんでしょうね
船を交通手段として考えると長崎も
動きやすくなりそうです
自転車が走っているのは砂浜ではなく
車も通る舗装された道なので
スイスイ軽快に走り去っていきました
コメントありがとうございます


投稿: 屋形船 | 2013年9月11日 (水曜日) 14時46分

秋の陽が静かにそそぐ砂浜をどこまで続く青春の日々・・・
ですね!

☆hawkさん
こんばんは
海辺を駆けるのが青春ですよね
やみくもにどこまでも走ったり海に向かって
バカヤローと叫んだりキリンレモンを飲んだり
とかが青春のイメージです
コメントありがとうございます


投稿: hawk | 2013年9月11日 (水曜日) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53215953

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ツマキリウスキエダシャク »