« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木曜日)

エフノク

2

立ちどまりなにか言いたげ秋の暮れ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水曜日)

エフノク

2

秋光が語りはじめる物語

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲンゴロウではなくコガタノゲンゴロウ

Photo

飛んでるみたいですが水中を泳いでます

水面に息継ぎのため浮いてきたところです

<小型の源五郎>  ゲンゴロウ科

体長24~29mm

水中に甲虫がいる・・・知ってましたが不思議ですね

泳げるし飛ぶみたいです


Photo_2

体の色は黒色で緑色や赤色の光沢があります

触角と脚は黄褐色

体の横側に黄色いスジがあります

前脚より中脚、中脚より後脚が長い

オスの前脚には吸盤があるのでオスとメスの

前脚の形が違います

なので写真のコガタノゲンゴロウはメスのようです

お腹側は褐色をしてました


Photo_3

手の届くところにうっかり者のコガタノゲンゴロウが

隠れていたので掴まえてみました

がしかしつるつるしていて逃げ回るのですぐに

逃げられてしまいました

肉食系で昆虫や小魚などを食べます

出現期間は4~10月

池沼や水田に棲み

本州、四国、九州に生息します

Photo

ゲンゴロウかと思いましたが

同じ長崎県在住のねこおばさんのブログ

コガタノゲンゴロウを見せてもらうとよく似てます

かなり大きく感じましたが3cmほどでした

そして黄褐色なのは脚で腹は褐色かな

と言うことでコガタノゲンゴロウに訂正します

長崎県ではゲンゴロウは絶滅危惧種Ⅰ類CRに

コガタノゲンゴロウは絶滅危惧種Ⅱ類VUに

指定されています

どちらも貴重な昆虫ですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火曜日)

エフノク

2

天辺を色なき風の触れていく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月曜日)

エフノク

2

虫たちのいのちのバトンつなぐ秋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日曜日)

エフノク

2

世界の窓の外側で秋の声

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土曜日)

エフノク

2

影の足せわしく動く秋麗

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金曜日)

エフノク

2

動きだすあの日あの時金木犀

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水曜日)

エフノク

2

さざなみの胸にあふれる秋の暮れ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火曜日)

エフノク

2

走り去る秋の列車やたそがれる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タウコギ

Photo

刈り入れが終わった田んぼに生えていたタウコギ

<田五加木>   キク科

草丈20~150cm

葉が樹木のウコギに似ていて田んぼに生えるので

名付けられたそうです

以前は水田の厄介な雑草だったそうですが最近は

少なくなっているようです

アメリカセンダングサに似ますが茎が太く

丈夫そうな印象です


Photo_2

花の時期は終わりかかってましたが小さな花を

見つけました

頭花は黄色の筒状花がたくさんつき

葉状の長さ1、5~4cmの総苞片に包まれます

花期は8~10月

葉は対生し長さ5~13cmで3~5裂

葉の上部では単葉で裂けません

そう果は扁平で0、7~1、1cm

先端に下向きの刺があり動物や人などに

付着して移動します

水田の畦や湿地や休耕田に生え

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月曜日)

エフノク

2_2

花びらのかさなり密な秋思い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日曜日)

エフノク

2_2

赤とんぼ水惑星へ帰る旅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミヤマアカネ

Photo

稲刈りの終わった田んぼでやっと見つけました!

ミヤマアカネのオス

<深山茜>  トンボ科

体長32~39mm

赤とんぼで翅に帯があります

だからか翅が大きく優雅に羽ばたいているように

見えます


Photo_2

長崎県では県北でしか見ることができません

翅に白くマーキングしてありました

大切に保護されているそうです

オスは赤く翅の斑紋も赤くなります


Photo_3

メスは茶褐色で翅の斑紋は白色

まだ水の残っている田んぼの隅で連結産卵も

見られましたが撮影できませんでした

出現期間は6~12月

ゆるい流れのある池や田んぼでみられ

北海道、本州、四国、九州に生息しています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土曜日)

エフノク

2

目を覚まし朝の秋桜せのびする

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金曜日)

エフノク

2_3

やわらかな秋の余韻ばらのはな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木曜日)

エフノク

2

海原のはるかなうねり野分吹く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アカスジカスミカメ

Photo

小さなカメムシが手に飛び乗りました

<赤筋霞亀虫>   カスミカメムシ科

体長4、6~6mmほど

淡緑色体色に赤茶色のスジがあります

触角と脚も赤茶色

カメムシと言ったら匂いが気になるのですが

小さかったからか気になりませんでした

Photo_2

見た目は繊細でキレイなのですが・・・

食草はイネ科植物

稲穂を吸汁すると米に斑点ができてしまうそうです

なのでお米の害虫、斑点米カメムシと呼ばれています

出現期間5~10月

水田や雑草地にみられ

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水曜日)

エフノク

3

ピアニシモそしてフォルテ秋光

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火曜日)

エフノク

2

島々は波に揺られる秋日和

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アワダチソウグンバイ

Photo_5

とってもちいさな虫が2匹

小さすぎてよく見えませんでしたがカメラで撮って

拡大したら見えてきました

アワダチソウグンバイです

花が咲いてなかったので何の葉かわかりませんでしたが

この葉はセイタカアワダチソウでしょう

<泡立草軍配>  グンバイムシ科

体長3mmほど 

アメリカ大陸原産の帰化昆虫です

Photo_3

小さいのですがすごく繊細で緻密

半透明でレースを思わせる翅

茶褐色の模様が全体にあります

食草はヒマワリ、キク、サツマイモ、

セイタカアワダチソウなどの汁を吸います

Photo_4

慌てふためいてよろめいた瞬間に見えた

腹部は黒褐色

出現期間は4~10月

本州、四国、九州に分布を広げています

グンバイムシの仲間はナシグンバイを紹介してます



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月曜日)

エフノク

2

窓を開けわだつみ招く天主堂

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日曜日)

エフノク

2_2

降りしきる無言の祈り五輪教会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土曜日)

エフノク

3

そら色のしずかなよいん福江島

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木曜日)

エフノク

2

そらうみの交わりあうや秋入日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水曜日)

エフノク

2

停まったままの時間の匂い島の路地

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホシクサ

Photo

田んぼにたくさん密集していたホシクサ

<星草>  ホシクサ科

田んぼの雑草を見つけると嬉しいのですが

この田んぼの稲の生育状況がいいのか悪いのか・・

ちょっと気になりますネ

他にキカシグサコナギ、ツユクサが生えています

葉の長さは3~8cm、幅1~2mm

線形の細い葉を放射状につけます


Photo_2

花茎の長さは4~15cm

花は白色~灰白色

頭花は4mmほどの卵球形

花期は8~10月

水田やため池の周りなどに生え

本州、四国、九州に自生します

ホシクサ科はシロイヌノヒゲを紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火曜日)

エフノク

2_2

十月の知らない町に途中下車

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月曜日)

エフノク

2_2

秋雨や言葉ほぐれる足湯かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サワトウガラシ

Photo

ため池の干上がったところに生えていたサワトウガラシ

<沢唐辛子>  ゴマノハグサ科

草丈5~20cm

根元で枝分かれして斜上します

葉は対生し線状披針形で長さ7~10mm

茎も葉も緑色の部分もありますが赤褐色をしてました


Photo_2

紫色の小さな花が咲いてました

花は唇形で5~6mm

茎の下の方に細長い萼片に覆われた長さ3mmくらいの

花柄のない閉鎖花を葉腋につけます

花期は8~10月

紫色の花は同じゴマノハグサ科のアブノメ

よく似ています

湿地に生え

本州、四国、九州に自生します

サワトウガラシの唐辛子は果実がトウガラシの形を

しているからです

トウガラシ繋がりはアゼトウガラシ

エダウチスズメノトウガラシを紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日曜日)

エフノク

2

西の島駆け抜けていく秋の雲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土曜日)

エフノク

2_3

雨音を拾う砂浜秋の午後

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タヌキアヤメ

2

どこかひょうきんな顔に見えるタヌキアヤメ

<狸菖蒲>  タヌキアヤメ科

草丈70~1m50cmほど

どこにあるのかわからなくて探しまわって

汗をびっしょりかきました

生い茂った草地の端っこにあるのをようやく

見つけました

2_2

草丈が大きいのに花は小さくて目立ちません

枝分かれした穂状花穂に毛が密生し

花は黄色で花弁状

内花被片と外花被片が一対ずつあります

穂状花穂は30~60cm

花期は7~10月


Photo

葉は剣状で50~70cm

葉がアヤメに似て花穂に茶色い毛が

生えているのでタヌキに喩えられました

池の周りの草地などに生え

五島、九州南部、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金曜日)

エフノク


2_2

遠ざかる汽笛のひびき秋高し

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木曜日)

エフノク

2

さわやかな風追い越して海の旅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火曜日)

エフノク

2

軽々と越えていく今とんぼたち

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »