« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年10月20日 (日曜日)

ミヤマアカネ

Photo

稲刈りの終わった田んぼでやっと見つけました!

ミヤマアカネのオス

<深山茜>  トンボ科

体長32~39mm

赤とんぼで翅に帯があります

だからか翅が大きく優雅に羽ばたいているように

見えます


Photo_2

長崎県では県北でしか見ることができません

翅に白くマーキングしてありました

大切に保護されているそうです

オスは赤く翅の斑紋も赤くなります


Photo_3

メスは茶褐色で翅の斑紋は白色

まだ水の残っている田んぼの隅で連結産卵も

見られましたが撮影できませんでした

出現期間は6~12月

ゆるい流れのある池や田んぼでみられ

北海道、本州、四国、九州に生息しています

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こういう記事を見ると日本も広いんだなぁと思います。
こちらではミヤマアカネは普通種扱いなんですから…(笑)。
…翅の帯がチャーミングですよね!!…。


☆TOOLKITさん
こんばんは
ミヤマアカネが普通に見れる環境が羨ましいです
長崎県では本当に限られた所にしかいません
翅の帯を確認した時はちいさなガッツポーズ!
もう稲刈りが終わってたので半ばあきらめてましたが
水が残っているところで数匹見つけることができました
トンボの季節もそろそろ終わりそうです
ああサミシイ・・・
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2013年10月21日 (月曜日) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマアカネ:

« エフノク | トップページ | エフノク »