« エフノク | トップページ | タヌキアヤメ »

2013年10月 4日 (金曜日)

エフノク


2_2

遠ざかる汽笛のひびき秋高し

|

« エフノク | トップページ | タヌキアヤメ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の風景」カテゴリの記事

コメント

「遠ざかる汽笛のひびき秋高し」

五島へ行かれたのですね。
船酔いは苦しいですよね。
私も大島へ行った時、お大変な船酔いで、観光どころではなかったですよ。


☆太郎ママさん
こんばんは
行く前から何となく体調が悪かったのですが
興奮したままハイテンションで動きまわり
帰りに疲れが出たようです
しかも海が荒れてダブルパンチだったのかな
長崎港に着くころには顔面蒼白でした
鏡を見たらもうダメって顔でしてました
帰りで助かりました
行きだと観光どころじゃなくなりますね
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年10月 5日 (土曜日) 08時58分

 船が岸壁を離れると、旅の興奮に胸も高まります。秋の空が高いのと、言葉かかっているようです。五島の旅、楽しみです。島好きの人間ですから。
 船酔いの人は難儀でしょうね。私は小学校5年の時、奄美諸島の田舎へ3泊4日の船旅(当時は遅かった)をしましたが、めちゃくちゃ船酔い。しかし帰りの船はまったく酔わず、それ以後も酔った経験がない。まるで免疫みたいな不思議な体験です。
 旅行前日、なかなか寝つけない・・、じつは私もそうです。絶対遅刻できない重大な仕事のある時は、徹夜してそのまま行くこともありました。(独身、やもめの時ですが)
それでも明け方睡魔におそわれ、朝10時出発の飛行機を逃がしたことがあります。観光旅行でしたから、まあよかったんですが、でも片道運賃5万円ほどまた払って2日後に出発、馬鹿ですね。
午前中の待ち合わせは、今でも苦手です。(失敗談は話が長引きますね)


☆屋形船さん
こんばんは
福江港を出港してしばらく甲板に出て
ウロウロしてたのですが船首には
風が強くて立ってられなくてしばらくしたら
船員さんが波を被るからと立ち入り禁止に
してしまいました
海に沈む夕日を撮るつもりでしたが
雲が厚くて断念・・・
遠いところにある台風の風と波のうねりの
威力ってすごいですね
外洋の厳しさがすこしわかりました

旅行には失敗がつきものですね
失敗談を聞くとホッとします
船酔いをあんなに大きなフェリーで
経験するとは思いませんでした
体調が悪かったのもあるんでしょうね
次回の船旅ではどうなるのでしょうか
気になるところです
コメントありがとうございます


 

投稿: 屋形船 | 2013年10月 5日 (土曜日) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53492502

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | タヌキアヤメ »