« エフノク | トップページ | サワトウガラシ »

2013年10月 6日 (日曜日)

エフノク

2

西の島駆け抜けていく秋の雲

|

« エフノク | トップページ | サワトウガラシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

「西の島駆け抜けていく秋の雲」

台風の影響でしょうか?
こちらの教会はレンガづくりなのでしょうか、渋い色合いですね。
賛美歌が聞こえてきそうです。

☆太郎ママさん
こんばんは
煉瓦の教会、楠原教会です
教会には誰もいませんでした
でも賛美歌が聞こえそうですよね
旅のはじまりは青空だったのに雨です
湿り気のある雲が煉瓦の教会を引き立てます
とプラスに考えましょう
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年10月 7日 (月曜日) 08時10分

  りっぱな石造りの教会で、赤レンガのくすんだ色に歴史を感じます。同時に島の人々の信仰の伝統を感じます。信仰というのは毎日、神を思うことですね。
 エフさんも毎日、写真と俳句の更新、神業です。前に苦しまぎれに一句をひねりだすとかおっしゃってましたが、それこそ神業を支える姿です。
 最後に写真について。堂々と動かない教会とたえず動く雲の対比を感じます。エフさんは雲の表情へのこだわりがありますね。写真のよしあし関係する要素でしょうね。
あと左の給水塔らしき建物haちょっと不釣合いかな・・。

☆屋形船さん
こんばんは
いつもじっくり写真を見ていただいて
ありがとうございます
楠原教会です
空いっぱいの雲と煉瓦の教会
なんだかとっても美しい
動かない教会と動く雲・・・
なんてステキな答えでしょうか
いつもどこに着地していいのかわからない
エフノクです

左にある白い塔には鐘があります
と思って見ると意外にしっくりきませんか
鐘を鳴らすところが見たい!
しかし先を急ぐのでした
いつもコメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年10月 7日 (月曜日) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53514316

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | サワトウガラシ »