« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年11月 7日 (木曜日)

エフノク

2

神の手はあたたかいはず冬きたる

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

 教会もきれいですが。まわりの木々も美しい。裸の教会よりも、やはり森の教会のほうがいいです。
 ゆるやかな坂の下にあるみたいで、バス停も見えます。影が長いのは朝でしょうか。
 文は人なりといいますが、写真も人なりですね。レンズを通じて、何をみるか。やはり人柄がでると思います。さわやかな1枚です。


☆屋形船さん
こんばんは
平戸の木ヶ津教会です
とっても素朴な教会でした
鍵がかかっていて中に入ることは
できませんでした
近くに大きな桜の木があるというので
探しましたが花の時期ではないからか
見つけられませんでした
その時に撮った一枚です
近くをうろうろすると違う角度で教会を
眺めることができました
時間の余裕は心の余裕にも繋がりますね
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2013年11月 7日 (木曜日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/53865304

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »