« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年11月 6日 (水曜日)

スナアカネ(オス)

Photo

大陸からの飛来種、スナアカネ

<砂茜>  トンボ科

体長34~42mm

台風などの風に乗って日本へ飛んできます

なかなか接近できず特徴の複眼下側のブルーが

わかりにくくてがっかりです

胸に灰色のスジがあります


Photo_2

オスの顔は真っ赤

翅は透明で付け根あたりの翅脈は赤く見えます

そろりそろりと近づくのですが逃げられました


Photo_3

今年はメスを見つけられなかったので去年のメス

夕方で気温が下がったからか動きませんでした

朝晩冷え込んできました

明日は立冬です

トンボたちもそろそろ姿を消してしまう頃でしょうか

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

田んぼの傍で見上げれば、無数にいたトンボ達。
ふと気付くと、見つからなくなっていますね。
よーく見ると、まだ少しだけ日向に残っていました。
…風に乗ってはるばるやって来る旅のトンボ…ロマンですね〜。

☆TOOLKITさん
こんばんは
トンボたち天気が良かったらまだ見つけることが
できるかもしれませんね
雨の日や曇りの日はどこにいるんでしょうね
草むらでじっとしているのでしょうか
トンボもチョウもチャレンジャーですよね
軽いから一気に飛んでくるんでしょうか
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2013年11月 7日 (木曜日) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スナアカネ(オス):

« エフノク | トップページ | エフノク »