« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年12月18日 (水曜日)

エフノク

2

いつまでもひびく汽笛の冬の海

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

「いつまでもひびく汽笛の冬の海」

新婚旅行のとき船に乗ったことがあります。
港を離れるとき「ぐわ~~~ん」と銅鑼の音がしました。
ずうと昔を思い出させていただきました。

☆太郎ママさん
こんばんは
出航の時銅鑼の音が鳴るところもあるのですね
なにやら背中を押されるような幸先がいい感じ
長崎の汽笛はプオーーーンみたいな音でした
それぞれの船で違うのかもしれませんね
長崎港の空には蓋をしたような雲が出てました
コメントありがとうございます


投稿: 太郎ママ | 2013年12月19日 (木曜日) 09時13分

 帆船の日本丸でしょうか。神戸商船大の学生が知り合いにいて、その船で訓練航海をし、日本の港を回っていました。卒業前にはインドネシア、オーストラリアまで遠征し、お土産を持ってきてくれました。
 帆船は、私のいた神戸もいいけど、長崎が似合いますね。
 海の水が冷たそうですね。

☆屋形船さん
こんばんは
この船は観光丸という帆船です
最近は長崎港めぐりの仕事をしているようです
観光丸は江戸幕府初の木造蒸気船で
長崎海軍伝習所練習艦としてオランダから
贈られました
今長崎港に錨をおろしている観光丸は
復元されたものです
日本丸は美しい帆船ですよね
帆船で大海原を旅するなんてステキ
すぐに船酔いしそうですがロマンですね
コメントありがとうございます


投稿: 屋形船 | 2013年12月20日 (金曜日) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/54304009

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »