« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年12月 9日 (月曜日)

エフノク

2

逢魔時鏡の中へ日が沈む

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

「逢魔時鏡の中へ日が沈む」

逢魔時とは? 教えてください。

夕刻の写真が多いように思いますが、この時間はどのような位置づけの時間なのかしら?
早朝もよいですが、夕暮れの風景も何やらが動き出す時間帯なのかもしれませんね。

☆太郎ママさん
こんばんは
逢魔時はおうまがとき
大禍時とも書くようです
まがまがしいとき、
写真では夕焼けの色が残ってますが
色が消えた頃、まだ目が暗さに慣れてない
時間のこと
屋形船さんからも助け船を出してもらってます
夕方の写真が多いのは余裕のある時間帯という
のがおおきな理由です
朝は静から動へ夕方は動から静へ
写真を撮るのにはいい時間です
コメントありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2013年12月10日 (火曜日) 07時40分

おはようございます。
なかなか幻想的、というか、興味深い絵ですね。
鏡の中と電車の風景が全く異次元。まるで別の世界。
電車は黄泉の国へ旅立ち、現実の世界は鏡の中。
私には、少し不安にも感じました。
これって、今の私自身が不安を持ってるからかしら?

このミラーが丸だったら、また別の世界を感じたかもしれませんね。いつもエフさんからいろんなヒントをいただいてます(*^_^*)


☆poiyoさん
こんばんは
鏡って不思議の世界の入口ですから
とっても面白い被写体になりますね
いいタイミングで列車も来てくれました
黄昏時から逢魔時に移る頃の駅には
写真を撮りに来ている人が4~5人いました
ちょっとびっくり
薄暗くなってくるとなぜか不安になってくるものです
これって本能なのかな~
早くあたたかい家に帰りたくなります
なにやらざわざわする写真になったのは
逢魔時のなせるワザでしょうか
コメントありがとうございます

投稿: poiyo | 2013年12月10日 (火曜日) 08時25分

 誰そ彼(たそがれ)時、逢う魔が時、昼と夜が入れ替わる瞬間、人の心は不安定になり、魔ものに出会うような気分になるそうですね。だから女の人を口説くのは夕方の海辺などが、いいそうです。(やったことありませんが・・)
 ヒトラーも、ラジオで夕暮れ時にドイツ国民に呼びかける演説をしたそうです。心理学的に正しいやり方だそうです。心にひときわ響くんですね。
 鏡まで登場すると、不思議な非日常の気分です。吸い込まれていくのは夕陽だけではなく、私の心も、です、不思議の国のアリスみたいに・・
 よくまあこの一枚撮れましたね。タイミングが難しいでしょう。

☆屋形船さん
こんばんは
逢魔時のレクチャーありがとうございます
この駅には停まらない列車が来たので
慌てましたがなんとか撮ることはできました
駅で発着時間を確認してたのですが
停まる列車だけ記してありました
だからとってもラッキーでした
夕暮れ時は心が不安定・・・
いいことを聞きました!
交渉をするには最適の時間ってことでしょうね
覚えておかなくちゃ。。。
このところ大陸からPM2、5が飛来しているのか
なんとなく大気が白っぽく感じます
コメントありがとうございます


投稿: 屋形船 | 2013年12月10日 (火曜日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/54202806

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »