« エフノク | トップページ | エフノク »

2014年1月31日 (金曜日)

エフノク

3

ゆるやかに過ぎるいちにち春隣

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

「ゆるやかに過ぎるいちにち春隣」

どうのこうのと言っていても、道端には小さな花が咲いていたりしています。
確実に季節は移ろっていて、皆がはじける春は直ぐ其処まできていますね。

☆太郎ママさん
こんばんは
今日は昼間あたたかく晴れていましたが
今(夜)は雨がかなり降ってます
春を呼ぶ雨なのかまた寒さに戻るのか・・・
三寒四温っていうのでしょうか
今日から如月
響きがいいですよね
コメントいつもありがとうございます

投稿: 太郎ママ | 2014年2月 1日 (土曜日) 08時35分

何年か前に、こういう線路の所を女の子(高校生位?)が
歩いている写真がエフさんのブログにあったのを思い出しました。
(セイシュン、って感じがして羨ましかった)
線路ってなんだかすてき。
行く先はハッピーエンドになるような、そんな期待を持てるのは
少しずつでも暦が進んで春に近づいて行っているからなのかも
しれません。
春の隣なのか・・・と思うと冬もしのげそうですね。


☆aniseさん
こんばんは
ありましたありましたね
この駅ではないけどこの沿線です
探してリンクしておきましょう
田舎っぽくてのどかでいい感じに
訛っているような女子高校生でした
私も訛ってはいるのですが。。。
2月4日は立春
暦の上ではもう春なのです
なのでちょっとそわそわ
コメントありがとうございます

投稿: anise | 2014年2月 1日 (土曜日) 09時54分

 私の住んでいるベトナムは旧正月の3日です、線路の写真に人生を感じつつ、はるばるきたなあとおもいます。エフさん、「ふりむかないで」(ハニーナイツ)をご存知ですか。♪ふりむかないで~東京の人~というやつです。72番まで歌詞があるんです。64番長崎編をおくります。
♪あれは出島か 小曾根のあたり
  じゃがたらお春の せつないこころ
  ひと夜のちぎり かりそめの恋
  二度と会えない 長崎の人


☆屋形船さん
こんばんは
この列車は遠ざかっていってます
なにやらしみじみしてしまいますね
長く伸びたレールが人生を連想させて
いるのでしょうか
どこか遠くへ行きたくなります
ベトナムは列車ではいけない遠さ
ほんとうにはるばるですね
ふりむかないではシャンプーのコマーシャルソング
長崎編もあったのですね
小曾根のあたりはどこら辺なのか?
調べてみました
小曾根町は長崎港に面した町でした
72番まで日本ひとめぐりですね
コメントありがとうございます

投稿: 屋形船 | 2014年2月 2日 (日曜日) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/54815728

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »