« エフノク | トップページ | クロシタシャチホコ »

2014年12月13日 (土曜日)

エフノク

2_2

凍風に向かって走る風の子よ

|

« エフノク | トップページ | クロシタシャチホコ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

むかし、小さい頃は、「子供は風の子」とか言われて、
薄着にさせられたりしましたよね。
今の子は割としっかりとダウンとか着ていますが
私の小学校は薄着推奨環境で、
学校では12月まで半そでで過ごしていました。
今思えば「あれは夢・・・?」としか思えない、信じられない出来事です
恐るべし、昭和の子供・・・。
今は、子供とはいえそんなに無理しなくてもいいとは思いますが
ほっぺたを赤くして、寒さの中元気な子供を見ると
しかも こんな風に寒い中走り出す子供を見ると懐かしく、
頼もしい感じ、微笑ましい感じがします。
澄んだきれいな青空の下というのもまたいいですね。

☆aniseさん
こんばんは
自転車で走りまわっていた小学生
寒いのに元気いっぱい
ほっぺは真っ赤でした
田舎なので子供の数は少ないのですが
広場でキャッチボールをしたりサッカーを
したりただやみくもに走りまわったりと
昔ながらの光景がまだ見られます
子供の笑い声っていいですよね
こっちまで笑顔になります
anisuさんは12月まで半袖だったんですか
大丈夫と思えばなんとかなるのかな~
もうすでに雪だるまのように着ぶくれて
まるまるに太っているので耳が痛いです
もう半袖には戻れない・・・
コメントありがとうございます

投稿: anise | 2014年12月14日 (日曜日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/58260223

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | クロシタシャチホコ »