« 春のトンボ | トップページ | エフノク »

2015年4月17日 (金曜日)

長崎県タンポポ調査その2

Photo

長崎県のタンポポ調査その1 で在来種のタンポポではないかと
張り切って紹介したのですがタンポポの頭花の大きさを
測ってなくて気になったのであらためて測ってきました
4cmほどと記しましたが5cm強ありました
カンサイタンポポの頭花は2~3cmとあるので
ちょっと大きいようです。。。
Photo_2
総苞は1、8mmと総苞外片は8mm
角状突起はないようです
外側の総苞はくっついているのもありましたが離れていたり
反り返っているのもありました
ひょっとしてこれは雑種タンポポ?!
参考にしている西日本のタンポポの分類と分布 のタンポポの種類の
中の不明タンポポのロクアイタンポポ に似ているような・・・
さてさてまた謎が増えてしまいました
Photo_3
このタンポポは3月に長崎市で見つけたタンポポ
Photo_4
角と記しましたがこれが角状突起
外側の総苞は離れ反返ってます
総苞外片は総苞の1/2くらい?
Photo_5
このタンポポは五島市で見つけました
2013年10月、季節外れのタンポポですね
この時は船の時間が迫っていて焦ってました
Photo_7
あーーーって感じの写真でスミマセン
角状突起不明瞭で判別できず
総苞外片は総苞の2/3ほどでしょうか
総苞外片は反り返ったりくっついたりしてます

ということで以前見つけたタンポポを検証してみましたが
これが何タンポポなのか私の知識では断定できない
というのがはっきりしました
残念。。。。
常に物差しを持ってないとタンポポと向き合えない
それでもタンポポの世界なかなか面白いです

|

« 春のトンボ | トップページ | エフノク »

自然」カテゴリの記事

植物(草)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎県タンポポ調査その2:

« 春のトンボ | トップページ | エフノク »