« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火曜日)

トゲハラヒラセクモゾウムシ

Photo

頭に水滴を乗せているクモゾウムシ
<棘腹平背蜘蛛象虫> ゾウムシ科
体長4、5mm
全体にまだら模様で眼がくりくりしてます
小さくて丸まってしまうと何なのかわからなくなってしまいます
Photo_2
脚が見えたので甲虫かなと思いましたがゴミとか傷などに
間違えそうです
クモゾウムシなので蜘蛛にも似ています
クモゾウムシやサルゾウムシもいてもうすでに象なのですが
さらに蜘蛛や猿も名前に加勢してます
食草はエノキ、サンショウ等
写真の茎はヤブマオ
出現期間は5~10月
本州、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月曜日)

エフノク

Photo

南風出入り自由な海の駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日曜日)

ウリハムシモドキ

Photo

ウリハムシ と比べると翅の色が濁っているウリハムシモドキ
<瓜葉虫擬> ハムシ科
体長5~6mm
上翅と胸部は淡黄褐色で頭部は黒色
若干色の変化があるようです
ウリハムシがいるからもどきになってしまったのでしょうね
Photo_3
食草はマメ科植物など
ダイズやニンジンなどを食害します
出現期間は6~10月
北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土曜日)

エフノク

Photo

海にふる雨のあしあと風青し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金曜日)

クシヒゲムラサキハマキ

Photo

青い鱗分がキラキラ光っていたハマキガ
<櫛髭紫葉巻蛾> ハマキガ科
翅の開張14~21mm
数回シャッターを押したのにどこか曖昧な姿
前翅は黒褐色で青い斑紋が点在
オスとメスでは前翅の形が違うようですが
どっちかわからない
オスの触角は櫛状、メスは糸状
Photo_2
幼虫の食草はアオミズ、イタドリ、フタリシズカなど
出現期間は5~9月
本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木曜日)

エフノク

Photo

六月は青く滲むや雨のつぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水曜日)

ニジゴミムシダマシ

Photo

朽木上に3匹
<虹塵虫騙虫> ゴミムシダマシ科
体長6~7mm
日当たりは悪かったですが虹色が光ってました
なんとも怪しげな虹色に見えるのはゴミムシダマシという
名前のせいでしょうか
Photo_2
小さなダニが顔の上を行ったり来たりしてましたが
甲虫なので何も感じないのかじっとしてました
人間ならぎゃっとかうわーとか大騒ぎしているはずです
幼虫は朽木を食べ成虫は朽木やキノコを食べます
出現期間は4~10月
本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火曜日)

エフノク

Photo_2

紫陽花や甘く噛まれる小指あり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月曜日)

マイサギソウ

Photo

草原の緑に融け込み過ぎなマイサギソウ
<舞鷺草> ラン科
草丈20~50cm
マイサギソウだと思うのですがヤマサギソウとか
ハシナガヤマサギソウもよく似てます
花期は6~7月
Photo_2
花の後ろにある距(きょ)と呼ばれる細長い
尻尾みたいなのがすごくエビぞっているので
マイサギソウかな~
4株探すことができました
花は緑色で花弁の先端は黄色っぽい
花茎に葉が数枚つき一番下の葉は
くたびれてましたが一番大きかったです
日当たりのよい草原にあり
カキランも可愛い花を咲かせていました
本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日曜日)

ミイロカスミカメ

Photo

暗かったのでちいさなゴキブリ?に見えましたが
カスミカメムシでした
<三色霞亀虫> カメムシ科
体長6~6、5mm
もっと明るい所だったら赤みが強くてキレイだったのかも
黒色、赤褐色、透明の三色が名前の由来でしょうか?
出現期間は6~9月
クヌギやコナラの汁を吸います
本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土曜日)

エフノク

Photo

坂猫の鳴き声滲む梅雨の街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木曜日)

スミアカベニボタル

Photo

逃げ足が早いスミアカベニボタル
<隅赤紅蛍> ベニボタル科
体長8~9mm
常に動き回っていて最終的に飛んで逃げられました
赤い斑点が可愛いらしい
Photo_2
全体は黒色で上翅の四隅に赤色斑紋
特徴的ですぐに名前がわかりました
出現期間は6~7月
本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水曜日)

エフノク

Photo

紫陽花の花から花へ雨の粒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火曜日)

コガタツバメエダシャク

Photo_4

葉っぱの裏にぺたっと張り付いている白い蛾
<小型燕枝尺蛾> エダシャクガ科
翅の開張30~40mm
白くて綺麗なガには似ているのが数種います
純白色の翅に灰色のスジ
下翅の突起部分にふたつの紋
Photo_5
眼と眼のあいだに黄褐色のライン
どこ見てるんでしょうか
前胸にふさふさした白毛
幼虫はカバノキ科クスノキ科ツバキ科ブナ科ヤナギ科などの
葉を食べます
出現期間は5~7月
北海道、本州、四国、九州に生息します
よく似ている白いガはウスキツバメエダシャク
シロツバメエダシャク を紹介してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月曜日)

エフノク

Photo

流れる滴流れるままに六月の街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土曜日)

ニセヨコモンヒメハナカミキリ

Photo

コゴメウツギの花にきていたカミキリムシ
<偽横紋姫花天牛虫> カミキリムシ科
体長6~9mm
1000mほどの山地にいました
ニセなのでニセじゃないヨコモンヒメハナカミキリもいますが
九州にはいません
頭部と上胸部は黒色で上翅の両脇に半円の模様があります
黒色が多いのでメスのようです
Photo_3
上翅がかぱっと開いて飛び立つ瞬間
イメージしてるカミキリムシよりかなり小さめです
出現期間は5~7月
本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金曜日)

エフノク

Photo

子守唄地球をいだく雨蛙

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木曜日)

シロホシテントウ

Photo

ただいま昆虫たちは恋の季節
<白星天道虫> テントウムシ科
体長3~4mm
ウツギの葉の裏にいたシロホシテントウのペア
カメラが気になるのかずっと移動してました
それは気になるよね。。
黄褐色に白色の斑点
前胸部両外側に2個の白斑点
上翅に2個4個4個2個の白斑点、全部で12個
下にいるメスの斑点は2個2個4個2個みたい・・・
Photo_2
幼虫も成虫も木につくウドンコ病菌などの菌類を食べます
ウドンコ病菌ってそんなの食べれるの?
出現期間は4~11月
北海道、本州、四国、九州に生息します
白い星のテントウムシはムーアシロホシテントウ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水曜日)

エフノク

Photo

梅雨の街傘をさしてる魚たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火曜日)

ホソハナカミキリ

Photo

小さくてスリムなホソハナカミキリ
<細花天牛虫> カミキリムシ科
体長7~10mm
一見ハチとかカとかジョウカイボンとかなんなのか
わからない感じ
頭部、胸部は黒色、上翅は黄褐色
脚は黄色っぽく後肢の関節が黒い
Photo_2
集まってました
花の受粉を助けているのでしょうか
サワフタギ、ハイノキ、オオバヤナギなどを食樹します
北海道、本州、四国、九州に生息します
ヨツスジハナカミキリ を紹介してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月曜日)

エフノク

Photo

雨傘を弾くしずくや天の声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日曜日)

オナガミズアオ

Photo

翡翠色の大きくて美しいガ
<尾長水青蛾> ヤママユガ科
翅の開張80~90mm
見つけた時はオオミズアオ と思い込んでました
オナガミズアオとオオミズアオはよく似てます
違うところはとっても微妙。。。
         オナガミズアオ     オオミズアオ
触角      緑っぽい黄色      茶色っぽい黄色
後翅の眼状紋  丸く下側が大きい   やや丸く小さい
上翅頂     尖り気味        丸みを帯びる
前翅線     赤紫で前が白色    赤紫だけ
Photo_2
オナガミズアオの幼虫の食草はカバノキ科の
ハンノキ、ヤシャブシなど
見つけたのは1000mほどの山地で周りに
ヤシャブシ がたくさんありました
触角が大きいオス
翅は優美ですが腹部はぽっちゃり
出現期間は5~8月
本州、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土曜日)

エフノク

Photo

風薫るすべての花の揺れる午後

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金曜日)

キボシルリハムシ

Photo

雨粒をたくさんつけたままのキボシルリハムシ
甲虫は雨粒も平気?
<黄星瑠璃葉虫> ハムシ科
体長4、5~6、5mm
上翅は黒藍色、背胸部両端が黄褐色で脚も黄褐色
何ヤナギかわかりませんがヤナギの葉の上にいました
Photo_2
寸胴体型がかわいらしい
ハンノキ、ヤナギ、ハギなどを食べます
出現期間は5~8付き
北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木曜日)

エフノク

Photo

奥深く鼓動を刻む夏の

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水曜日)

コハウチワカエデ

Photo

この美しい新緑の木は何?
カエデの仲間はどれも同じようでわかりにくいのですが
よくよく見ると葉の形が天狗が持っている団扇(うちわ)
みたいじゃないですか
<小葉団扇楓> カエデ科
木の高さは10~15m
背が高くて手が届かないところに葉も花もありました
Photo_2
葉は対生し掌状に5~11裂し直径6~8cm
葉柄は葉身と同じくらいあります
淡黄色の小さな花を散房花序に15~20個ほどつけ
ひとつの花序には雄花と両性花があります
花期は5~6月
翼果は1、5~2cmでほぼ水平に開きます
秋は紅葉が美しいでしょうね
本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火曜日)

シリブトチョッキリ

Photo

ウリハダカエデ に穴を開けているシリブトチョッキリ
<尻太ちょっきり> チョッキリゾウムシ科
体長3、5~4、5mm
枝を切ったのもシリブトチョッキリの仕業です
切ったけど全部切ってないのは考えての行動のようです
シリブトチョッキリはカエデ類の新枝を切断して産卵します
Photo_2
全体に黒色
名前のようにお尻が若干大きいようですが似ている種類が
多く自信はありません
チョッキリゾウムシ科にはケシツブチョッキリ族、チョッキリ族、
ハマキチョッキリ族、イクビチョッキリ族などがあります
チョッキリにこんなにたくさんの種類がいるなんて驚いてます
出現期間は5~6月
北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月曜日)

エフノク

Photo

風となり緑あざあざ山歌う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »