« エフノク | トップページ | ミズユキノシタ »

2015年9月 7日 (月曜日)

オオクチキムシ

Photo_2

ヨモギの葉上にいたオオクチキムシ
<大朽木虫> クチキムシ科
体長14~16mm
この甲虫は何の仲間か?
キマワリに似てると調べるとセスジナガキマワリかも
似てるような気がしましたが触角の形が違うような・・
じゃゴミムシダマシ科か?
これは触角が短いし・・・
黒い甲虫は似てるのが多いので要注意です
脚と触角は暗赤色で脚が細長い
口にあるカナブンの触角みたいなのは何でしょうか
Photo_3
雑木林の朽木や落ち葉の下で活動し
朽木や菌類を食べます
出現期間は4~10月
北海道、本州、四国、九州に生息します
クチキムシの仲間はキイロクチキムシ を紹介してます
モンキナガクチキムシ はクチキムシと名が付いてますが
キノコムシダマシ科でした

|

« エフノク | トップページ | ミズユキノシタ »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

森の掃除屋さんですね〜!。
その昔樹皮のしたに大群でいたのを見て以来ちょっと苦手感があります(笑)。
…なんでも大量に群れているとちょっと怖いです…。

☆TOOLKITさん
こんばんは
うわーすごいの見てしまいましたね
想定外の大量のオオクチキムシ
小さくても大量だと存在感が増しますね
どうして群れるんでしょうか
昆虫にもみんなといると安心感とか
あるんでしょうか
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2015年9月 8日 (火曜日) 00時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオクチキムシ:

« エフノク | トップページ | ミズユキノシタ »