« 佐賀 樫原湿原-1 | トップページ | エフノク »

2015年9月 1日 (火曜日)

佐賀 樫原湿原ー2

Photo

樫原湿原で見られる食虫植物は6種類
紅紫色のホザキノミミカキグサ
4~5mmの小さい花です
もっと近くで見たかった
Photo_3
ホザキノミミカキグサより小柄なムラサキミミカキグサ
花は青紫色
どちらも地下茎に補虫嚢をもってます
黄色い花をつけるミミカキグサもありましたが遠くて
写真に撮れず・・・
鮮やかな黄色い花でしたがこの花も小さい
Photo_4
タヌキモはイヌタヌキモとヒメタヌキモの2種
イヌタヌキモの花は明るい黄色、ヒメタヌキモは淡い黄色
葉はヒメタヌキモが小さめ
写真はちょっと遠いですがイヌタヌキモの黄色い花
ヒメタヌキモの花は探せませんでした
食虫植物6種類目はモウセンゴケ
ムラサキミミカキグサの傍にありましたが花は終わってました
Photo_8
来る途中の池にもヒツジグサがありましたがすべて蕾状態
ここに着いたら花が開いてました
未の刻に咲くヒツジグサ
午後2時ころということですがぴったりじゃない
この花は雌性先熟で雌蕊の形と雄蕊の形が一日目と
二日目では違うのだそうです
自家受粉しないためのシステム
写真で確認したかったけどそこまでシャープに写ってなかった。。
Photo_9
ジュンサイの花が咲いてました
ヒツジグサとは葉の形が違い楕円形
水中にある開く前の芽が食べるジュンサイです
Photo_5
ヤマトミクリよりずっと小さいヒメミクリ
上の方に雄花、下の方は雌花
雌花が受粉して果実になると小さな栗みたいなので
ミクリです
Photo_10
カヤツリグサ科のシズイ
貧栄養の池沼に生えるそうですが分布が限られていて
貴重な植物とのこと
なかなか見分けることができません
Photo_11
ミミカキグサの近くにこれも小さなシロイヌノヒゲ
ホシクサ科になります
Photo_6
2枚の小葉が南天の葉に似ているナンテンハギ
赤紫の蝶のような花が複数つきます
Photo_7
池の周りの草むらにワレモコウの花も咲いてました
花というより果実みたいです
接近しないと花は確認できません
この日確認した花は他にミゾソバ、ナンバンギセル、
時間的にまだ花は開いてなかったけどミズオトギリ、
サイヨウシャジン、これも花が閉じていたアカバナ、
ヒメキンミズヒキ、アキノウナギツカミ、ネコハギ、
オトコエシ、コシロネ、キキョウ
トノサマガエルとニホンアカガエルの姿もありました
夏の終わり、秋のはじまりを感じる湿原でした
この樫原湿原にはボランティアの方が常駐していて
花や昆虫のことを教えてくれます
いろいろ質問してみるとすべてに答えが返ってきました
きっと樫原湿原を大切に保存して下さるでしょう
管理されている湿原にちょっと抵抗がありましたが
人の手が入らないと保てない貴重な自然のあり方も
あるとあらためて思いました
この日は雨のため昆虫の姿が見当たらず残念でした
春と初夏にまた必ず行きたい!

|

« 佐賀 樫原湿原-1 | トップページ | エフノク »

自然」カテゴリの記事

山草原植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀 樫原湿原ー2:

« 佐賀 樫原湿原-1 | トップページ | エフノク »