« シロオビノメイガ | トップページ | エフノク »

2015年9月15日 (火曜日)

タコノアシ

Photo

名前がとってもユニークなタコノアシ
笑ってしまう名前になってます
<蛸の足>  タコノアシ科
草丈70~100cm
複数に枝分かれした花穂が最初くるっと丸まっているのが
次第に伸びて蛸の吸盤のような小粒な花が密につきます
花は花弁がなく4~5mmほどで緑白色に見えます
花期は8~10月
秋になると赤く紅葉して果実も赤くなりまるで茹でダコの
ようになるそうです
別名はサワシオン、別名は優雅な名前なのです
Photo_2
葉は互生し披針形で長さ6~11cm、幅5~12mm
縁に細い鋸歯があります
河川、水田、湿地などに生育します
長崎では絶滅危惧種に指定されていてはなはだ
心細い状況にあります
本州、四国、九州に自生します

|

« シロオビノメイガ | トップページ | エフノク »

自然」カテゴリの記事

植物(草)」カテゴリの記事

コメント

京都府RDB⇒絶滅寸前種になってるんですよ。

定点観察で毎年、今の時期と早春に会いにいくのですが、
早春の頃はこの緑白色の花が茶褐色になって、ちょっと茹で蛸を
連想(ムリっぽいですけど)・・・
初めて出会って名前を聞いたとき「うまいこと付けたなぁ」っと思いましたよ。


☆わんちゃんさん
タコノアシどこでも絶滅しそうなんでしょうね
探してたので見つけた時は大変感激しました
しかしいつまでこの場所がこのままの状態で
存在できるのか心配になりました
心配しても何の力も手助けもできないのですが。。
茹でダコ状態のタコノアシも見てみたい!
コメントありがとうございます

投稿: わんちゃん | 2015年9月30日 (水曜日) 23時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タコノアシ:

« シロオビノメイガ | トップページ | エフノク »