« エフノク | トップページ | ヒモヅル »

2015年9月21日 (月曜日)

ナカグロクチバ

Photo

印象的な黒い模様のナカグロクチバ
<中黒朽葉蛾> ヤガ科
翅の開張41~44mm
三角形の翅の内側に黒色白色黒色茶色の横スジ
翅は灰色
翅後方の模様は翅がくるっと巻きあがっているように
見えますがだまし絵になってます
翅にだまし絵を描いてしまったガ・・・
どんな意味があるのでしょうか?
Photo_2
このナカグロクチバは温暖化の影響でじょじょに
北上しているガです
出現期間は7~10月
本州、四国、九州、沖縄に生息します
を紹介してます

|

« エフノク | トップページ | ヒモヅル »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

羽の内側にもう一匹の蛾がいるように見えるんですが…。
不思議な模様ですね〜。
丸まった羽後端は樹皮の擬態?
あんまり朽葉には見えないけれど、気のせいかなぁ(笑)。
…でも、この模様はカッコイイですね!…。

☆TOOLKITさん
こんばんは
一度見たら忘れられない翅
生き残りをかけて進化してるハズなので
目立つみたいに見えますがうまいこと
景色に同化してるんでしょうね
芸が細かくて驚いてしまいます
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2015年9月22日 (火曜日) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナカグロクチバ:

« エフノク | トップページ | ヒモヅル »