« エフノク | トップページ | エフノク »

2015年10月 6日 (火曜日)

迷蝶 メスアカムラサキ

Photo

海岸に近い湿地で吸蜜活動に夢中なメスアカムラサキ
<雌赤紫蝶> タテハチョウ科
翅の開張65~72mm
オスとメスの姿がまったく違うそうです
黒い翅に白い斑紋が全部で6個
光の加減で白い斑紋の回りが青く輝きました
黒い翅はオス
メスはカバマダラ に擬態してオレンジ色の翅をしています
カバマダラには毒があるので鳥が食べないことを
知っているのか知らないのか進化って不思議です
Photo_2
翅の裏側は茶褐色
メスアカムラサキはアジアやアフリカなどに分布します
台風などの風に乗って飛来します
さてどこから飛んできたのでしょうか?
長崎で見たことある迷蝶はリュウキュウムラサキ
スジグロカバマダラ を紹介してます
メスアカムラサキで6種になりました

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

うわー!これは珍しいですね!
優雅に?海外旅行中の蝶。
光によっては青くなるんですね。
…貴重な出会い!素晴らしいですね!…。

☆TOOLKITさん
こんばんは
迷蝶に出会えるとは幸運でした
そういえばここの湿地は秋に迷蝶、
迷トンボに出会える確率が高い場所の
ようです
風のルートを考えたら長崎は日本の
玄関みたいなものかもしれませんね
コメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2015年10月 7日 (水曜日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷蝶 メスアカムラサキ:

« エフノク | トップページ | エフノク »