山草原植物

2015年9月22日 (火曜日)

ヒモヅル

Photo

垂れ下がっているのか這いあがっているのかはたまた
引っかかっているのか、どうなっているんでしょうか
なんと根がない・・・シダの仲間のヒモヅルでした
<紐蔓> ヒカゲノカズラ科
この奇妙なシダ植物はとっても原始的で珍しいのだそうです
湿り気のある林下周辺の樹木やシダなどに茎を伸ばし
這い絡みよじ登って5mほどまで生育します
Photo_2
枝分かれした枝にヒノキみたいな葉
茎は直径5mmほど
冬に葉の先端に胞子嚢穂をつけて胞子を出します
ヒカゲノカズラスギナ などに近い植物になります
紀伊半島、山口、九州に自生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火曜日)

佐賀 樫原湿原ー2

Photo

樫原湿原で見られる食虫植物は6種類
紅紫色のホザキノミミカキグサ
4~5mmの小さい花です
もっと近くで見たかった
Photo_3
ホザキノミミカキグサより小柄なムラサキミミカキグサ
花は青紫色
どちらも地下茎に補虫嚢をもってます
黄色い花をつけるミミカキグサもありましたが遠くて
写真に撮れず・・・
鮮やかな黄色い花でしたがこの花も小さい
Photo_4
タヌキモはイヌタヌキモとヒメタヌキモの2種
イヌタヌキモの花は明るい黄色、ヒメタヌキモは淡い黄色
葉はヒメタヌキモが小さめ
写真はちょっと遠いですがイヌタヌキモの黄色い花
ヒメタヌキモの花は探せませんでした
食虫植物6種類目はモウセンゴケ
ムラサキミミカキグサの傍にありましたが花は終わってました
Photo_8
来る途中の池にもヒツジグサがありましたがすべて蕾状態
ここに着いたら花が開いてました
未の刻に咲くヒツジグサ
午後2時ころということですがぴったりじゃない
この花は雌性先熟で雌蕊の形と雄蕊の形が一日目と
二日目では違うのだそうです
自家受粉しないためのシステム
写真で確認したかったけどそこまでシャープに写ってなかった。。
Photo_9
ジュンサイの花が咲いてました
ヒツジグサとは葉の形が違い楕円形
水中にある開く前の芽が食べるジュンサイです
Photo_5
ヤマトミクリよりずっと小さいヒメミクリ
上の方に雄花、下の方は雌花
雌花が受粉して果実になると小さな栗みたいなので
ミクリです
Photo_10
カヤツリグサ科のシズイ
貧栄養の池沼に生えるそうですが分布が限られていて
貴重な植物とのこと
なかなか見分けることができません
Photo_11
ミミカキグサの近くにこれも小さなシロイヌノヒゲ
ホシクサ科になります
Photo_6
2枚の小葉が南天の葉に似ているナンテンハギ
赤紫の蝶のような花が複数つきます
Photo_7
池の周りの草むらにワレモコウの花も咲いてました
花というより果実みたいです
接近しないと花は確認できません
この日確認した花は他にミゾソバ、ナンバンギセル、
時間的にまだ花は開いてなかったけどミズオトギリ、
サイヨウシャジン、これも花が閉じていたアカバナ、
ヒメキンミズヒキ、アキノウナギツカミ、ネコハギ、
オトコエシ、コシロネ、キキョウ
トノサマガエルとニホンアカガエルの姿もありました
夏の終わり、秋のはじまりを感じる湿原でした
この樫原湿原にはボランティアの方が常駐していて
花や昆虫のことを教えてくれます
いろいろ質問してみるとすべてに答えが返ってきました
きっと樫原湿原を大切に保存して下さるでしょう
管理されている湿原にちょっと抵抗がありましたが
人の手が入らないと保てない貴重な自然のあり方も
あるとあらためて思いました
この日は雨のため昆虫の姿が見当たらず残念でした
春と初夏にまた必ず行きたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月31日 (月曜日)

佐賀 樫原湿原-1

Photo_10
佐賀県唐津市七山池原樫原にある樫原湿原
標高591m
地図を見ると佐賀ですが福岡に近い
車がどこをどう走ってきたのかさっぱり分からないような
ところにあります
雨が降ってましたが到着したとたんいろんな花が
目に飛び込んできて佐賀の豊かな自然に感激しました
ちょっと興奮しすぎて湿原全体の写真も撮ってないし
いろいろ心残りなのでまた行くことにします
青紫のサワギキョウ
雨だったからか青がより青くて美しい
Photo_3
いつ見てもこの複雑な花のつくりに感心します
湿原でサギソウの花の白さが輝いてました
純白の白さです
鳥の羽のようなギザギザはどんな意味があるのでしょうか
Photo_4
園芸種でしか見たことなかったシオン
野の花だと更に秋らしいたたずまい
黄色い花はコウゾリナ
Photo_5
湿地の回りに咲いていたママコナ
木の下の薄暗いところに咲いてました
白い点々がただのママコナなのだとか
Photo_6
葉は地面近くにあり茎が妙に長いマアザミ
間延びしてて写真に撮るのがムズカシイ
Photo_7
本当は夕方に咲くユウスゲ
雨だったからか日が照ってないので時間を間違えたのか
綺麗に咲いているのも数輪ありました
もう果実がついてました
Photo_8
ノハナショウブの咲く時期はいつなんでしょうか
まだ花が咲いてました
雨が似合う花です
Photo_9
ミズトンボが群生してました
接近するとユニークな花なのです
白く写っている花はサワヒヨドリ、ピンクはマアザミ、
青はサワギキョウ、もうお花畑状態
Photo_11
花穂がまっすぐなヌマトラノオ
一個一個の花が可憐過ぎる
樫原湿原は約5ha
自然環境保全特別地域になってます
湿地の中に木道があり、ある程度のところから
観察できるように入れるようになってます
ということで湿地の中にずかずか入ることはできません
周りにはびっしりヒシが覆い尽くした池、田んぼ、
植林された林がありました
樫原湿原には雑木林がありその中には小さな
神社もあります
次回 へ続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火曜日)

トラノオスズカケ

Photo_3
この花探してたんです
トラノオスズカケようやく巡り合いました
この場所は何回も来てたのになぜ気付かなかったのでしょうか
<虎尾鈴懸> ゴマノハグサ科
草丈1mほど
トラノオと呼ぶには可愛い過ぎる小さな虎の尾
花が段々に咲く様子を山伏が首から下げる鈴懸に見たてました
葉の際に円錐花序をつけ花の一つ一つは5mmくらい
紅紫色の花は下から咲きます
花期は8~9月
Photo_4
茎は蔓状に伸び葉は互生します
葉は卵形で先端は尖ります
花の咲く期間は短く花が咲いてないと見逃してしまいます
今回はたまたま咲いてて目に付いてラッキーでした
トラノオスズクサは林内に生え
四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月31日 (金曜日)

カノコユリ

Photo

くるっと丸まったカノコユリ
<鹿の子百合> ユリ科
花茎は1m~1、5m
海の近くの斜面に美しい花を咲かせてました
道路のすぐ傍で咲いている環境が優しくて嬉しい
花は白色で濃い紅色の鹿の子模様
花の大きさは10~12cm
カノコユリはタキランとも呼ばれます
同じなのか違うのかよく分からない
Photo_2
斜面に斜め下向きに張り出していました
葉は茎に互生し広披針形~長卵形で長さ10~18cm
幅3~4cm
花期は7~8月
咲いている場所は海岸近くの崖壁や川の崖壁など
海とカノコユリを一緒に撮りたかったのですが
歩いて行けるところでは探せませんでした
カヌーがあったら探せるでしょうか。。
(泳げないけど)
四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土曜日)

ムカゴソウ

Photo

草原の緑の草の中に緑の花
零余草> ラン科
花茎の高さ20~40cm
花が咲いていてもこれでは見つけるのはムズカシイ
このあたりにオオトンボソウがあったのを探していたので
見えたのだと思います
葉は線形で互生し8~20cmほど
Photo_2
花は穂状にたくさん付き淡緑色
花期は7~8月
魂根をむかごに喩ました
北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月曜日)

マイサギソウ

Photo

草原の緑に融け込み過ぎなマイサギソウ
<舞鷺草> ラン科
草丈20~50cm
マイサギソウだと思うのですがヤマサギソウとか
ハシナガヤマサギソウもよく似てます
花期は6~7月
Photo_2
花の後ろにある距(きょ)と呼ばれる細長い
尻尾みたいなのがすごくエビぞっているので
マイサギソウかな~
4株探すことができました
花は緑色で花弁の先端は黄色っぽい
花茎に葉が数枚つき一番下の葉は
くたびれてましたが一番大きかったです
日当たりのよい草原にあり
カキランも可愛い花を咲かせていました
本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月曜日)

タニソバ

Photo_2

淡いピンクの小さな花
<谷蕎麦>  タデ科
草丈10~50cm
タデ科の花はどれもよく似ています
ミゾソバに似てますがちょっと淋しげ
花は米粒のような形をしています
白色から淡紅色の花が集まって咲きます
花期は8~10月
Photo_3
葉は互生し卵型で長さ1~5cm
葉の付け根は楔形
葉柄には翼があり基部は茎を抱きます
山地の湿り気のあるところに生え
北海道、本州、四国、九州に自生します
ミヤマタニソバ も紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水曜日)

アキノウナギツカミ

Photo
川沿いに群生していたアキノウナギツカミ
<秋の鰻掴み>  タデ科
草丈0、6~1m
普通花は淡紅色ですが白色もあるそうです
花は枝先に10個ほど集まって咲き花披は長さ3mm、
花弁はなく花柄は無毛
花期は7~10月
Photo_2
葉は互生し細長く長さ5~10cmの卵状披針形~長披針形
葉の基部は矢じり型
茎はよく枝分かれています
Photo_3
茎には稜角があり逆棘があります
この棘で掴むと鰻も逃がさず掴める!
というネーミングでしょうか
果実は黒色で2、5mm
北海道、本州、四国、九州に自生します
ホソバノウナギツカミ も紹介してます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月曜日)

キセルアザミ

Photo

湿地に生えていたキセルアザミ
<煙管薊> キク科
草丈70~100cm
横向きに咲く花の姿が煙管に似ているのでキセルアザミと
呼ばれるのですがまっすぐに直立してました
花は17~19mmほど
花苞は幅2~3cm
花期は8~11月
Photo_2
蕾の時から直立しています
花茎には小さな葉が少し
別名はマアザミ
若い葉を食用にできることから本物のアザミという意味
Photo_3
根生葉は15~50cm
切れ込みが大きく棘がありますが両面無毛
葉はキセルアザミなのですが曲がってない花に
確信が持てずにいました
埋もれていた疑問に朗報!
長崎のpandaさんに教えていただきました
直立型もあるそうです
疑問が解けてよかった~
本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧