夕日を右側に感じながら走る列車
しばらくは夕日の余韻が楽しめそうです
これから終点の長崎を目指します
私が立ってる駅には停まらずに走り去っていきました

     逢魔時に取り残される冬の駅