日が沈むころ列車が騒がしく通って行きました
河口から海に繋がる浅瀬には毎年渡り鳥が羽を休めます
人間世界ではまだ喧騒の中眠りにつきました

    さまざまな音の揺りかご浮寝鳥