水仙が咲き誇っているバスの終点
乗る人はいなかったけど時間まで待ってバスが発車していきました
ひとり取り残されると水仙の甘い香りが急に苦しくなってきました

    終点でバス待っている水仙花