緩やかに繰り返す波がレースのように広がって
誰かが書いた誰かの名前を消していきます
後に残る黒く湿った砂
ぼんやりしてると足も濡れてしまいます
春とはいえ海水はまだ冷たいです

     消えていく誰かの名前春の波